【旅の思ひ出】まずはポーラ美術館



ゆでたまごのすけでございます。

家族旅行2日目、
最初に訪ねたのは、
ポーラ美術館でございました。

ポーラ美術館のポーラとは、
ポーラ化粧品のポーラ、
でございます。

ポーラの創始者が、
長年にわたって集めた
芸術作品と化粧道具の
コレクションが展示されている、
というのがこちらの美術館、
でございます。



入場料は、通常ですと、
大人が1800円。
結構なお値段でございます。

だからでしょうか、
駐車場に止まっている車も、
かなりハイソなものばかり。

年輩の方が多いことも
あるのでしょうが、
やはりお上品な感じのする
展示物の数々も、
そんな感じの方々に
たくさんご来場いただける、
ということになるのでしょう。



ルノワールやモリディアニ、
ピカソを軸とした、
肖像画の企画が組まれておりました。

やはり、いつ見ても、
ピカソの絵は見ていて笑ってしまう、
のでございます。

しかし、何となくではありますが、
絵画、肖像画にも流行り廃れは
あるようでして、
芸術家たちがいろいろと
試行錯誤をしてこういう作品が
でき上がったのだ、
ということを感じさせてもらいました。



建物のつくりは、
数ある美術館の中でも、
かなり凝ったつくりをしているなあ、
という印象はありました。

玄関には、
屋根を流れる水が透けて見える、
なんて仕掛けもしてあって、
遊び心があるんだなあ、
などと感心したものでございます。



ちなみにこちらは、
喫茶コーナーから見える
外の風景でございます。

何とも、自然がいっぱい。

森林浴をしているかのような
空気感の中で、お茶ができる、
というのはとってもぜいたく、
という感じがしたのでございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。