2013年9月23日月曜日

【雑感】若者が感じる違和感の原因。

ゆでたまごのすけでございます。

株式会社ニート、というのをご存知でしょうか。

あまり詳しいことは知りませんが、
いわゆる「ニート」と呼ばれるような、
会社組織に雇用されていない人たちが集まり、
それぞれに事業のアイデアを持ち寄って、
その実現に向けて活動をしていくという、
個人事業主の集まりのような会社、
ということのようです。
知り合いがプロジェクトに参加しているようですが、
私も個人事業主の一人でありますので、
こういう取り組みには大変興味がございますし、
うまくいってほしいと願うわけでございます。

なんで、こういう取り組みが行われるかというと、
大きく言ってしまえば、
既存の価値観とか枠組みとか、
そういうものに辟易している人たちというのが、
若い人を中心にたくさんいる、ということなんだ、
と理解しております。

「半沢直樹」なんてドラマが大ヒットしたようですが、
これまた私は一回も見ていないので、
何となくこういうことだろう、という想像で書いていますが、
銀行の組織がゆがんでいる様子を描いたドラマに、
たくさんの人が共感するということは、
つまりは現在の会社組織というものに根深く存在する、
不条理に違和感を感じている人たちが多いのだろう、
と思うわけでございます。

その「不条理」とは、
いわゆる「会社の論理」とか「組織の論理」とか、
そういったものに該当すると思うのです。
世の中的にはおかしいと思われるようなことでも、
会社とか組織とかの中であれば、
それが当たり前、となってしまうような事柄、
と言えばおわかりいただけるでしょうか。
ま、簡単に言えば、
客にとってメリットがなかったとしても、
あるように見せかけて売りつけて業績を上げれば、
その人は正義、みたいなヤツですね。

こういう構造って、
ここのところ世間をにぎわせている、
柔道などのスポーツ団体の暴力事件とか、
鉄道会社の脱線事故の原因と思しきメンテナンスの放置、
およびその隠蔽体質とかにも、
同じようなものがあるのではないか、
と思わずにはいられないのでございます。
何と言いますか、内向きにしかなれない人たちが、
会社や組織にしがみつきたいがゆえに、
会社や組織の論理を振り回して、自分の居場所を確保する、
みたいなことですね。
そういうことをやっている私たち世代も含めた
30後半〜50前半の人たちに対し、
20代の若い人たちは「何やってんの?」と、
違和感を感じているのではないでしょうか。

ジェネレーションギャップとか、
そんなことを言って受け入れられずにいるのは、
ぼやくしか能がないご年輩の人事担当者だけで十分です。
「保身」ばかりに走ることなく、
誰が見ても「これは正解でしょ」と言われるような、
全うなことに一生懸命取り組んだらどうですかね。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年9月21日土曜日

【雑感】男はいつの時代も。

ゆでたまごのすけでございます。

だいぶ前ですが、
渡辺謙さん主演の吉田茂首相を描いた、
ドラマがNHKで放送されました。

その中でとても印象的だったのは、
戦後処理に奔走する吉田首相が、
結局男の馬鹿な行動の尻を拭うのは、
女たちである、という表現をするがため、
アメリカ兵の相手をする女娼たちを描いていた、
という場面でございました。

NHKでそういう描き方をするのは刺激的、
と思いながらも、
さまざまな映画やドラマを見るにつけ、
男なんつーもんは所詮、
平和な時代と言われる現代であっても、
何らかの闘いに見を費やし、
勝った負けたがそこには必ずあり、
負けた者のまわりにいた女性は、
その尻拭いをするものである、
という思いに至るわけでございます。

じゃあそういう負けた男どもは、
ほんとにしょうがないヤツらだったのかというと、
その通りでありまして、
じゃあそのしょうがないヤツらは、
ただひたすら断罪されるべきものかというと、
そういうことでは決してなく、
しょうがないところに憐れみを感じてやるべきではないのか、
と私は思うのでございます。

何かをなそうとしながらも、
結局何もなせなかった男を親父に持つ男としては、
そういう親父に対しても、
憐れみを感じてやることこそが、
親父に対する最高の弔いであると思うわけでございまして、
この感覚というものは、
現代の女性には決してわからぬものである、
と私は信じて止まないのでございます。

「のぼうの城」という映画を見ながら、
つくづく感じたことを徒然なるままに、
書き殴った次第でございます。

改めて、観賞ノートは書こうと思いますが、
観賞しながらわき上がってきた思いをこらえきれず、
ブログにて書き連ねた次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年9月9日月曜日

【雑感】2020年オリンピック、東京開催!

ゆでたまごのすけでございます。

オリンピック、東京開催になりましたね。

個人的には特に関心は高くなかったんですし、
所詮は消費増税がうまくできるようにするための
ツールの一つでしかないんじゃないの、
なんてうがった見方をしたりしておりましたが、
こうやって実際に東京開催が決まると、
いろんな意味でいい効果があるんじゃないか、
という気がします。
前回の東京オリンピックが、
戦後復興の象徴になり、きっかけになったわけですから、
今度の東京オリンピックが、
震災復興の象徴になり、きっかけになればいいと思います。
安倍さんも、汚染水問題はきっちりやる、
という明言を世界の舞台でしたわけですしね。
ぜひ、きっちりやってもらいましょう。

経済効果は、かなり大きいと思います。
インフラ建設で、ゼネコン業界が活況になれば、
古いスタイルではありますが、
下請けの人たちに仕事がしっかり行くようになります。
どっかのインタビューで食品会社の方が言っていましたが、
人が集まれば食べ物がいっぱい消費されます。
お金が動けば、世の中が動き、活気にあふれます。
公務員をやってる方にはわからないかもしれませんが、
民間で働く方たちにとっては、
お金が動くきっかけがあるのは実に大きいわけです。

オリンピックまでに、7年あります。
その間、景気が少しずつでも、活気が戻ってくるよう、
心から願うばかりです。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年9月2日月曜日

【雑感】驚くべき再会。

ゆでたまごのすけでございます。

たまたま飲みに行った店で、
驚くべき再会をしました。

つい先週、月曜に書いたブログで、
高校時代にやっていたスーパーでのバイトの話題を書いたのですが、
当時一緒にバイトをしていた先輩と偶然会ったのです。

何でしょうね、この偶然。
何か必然を感じてしまうくらいの、偶然です。

よく、久しぶりに会う人と再会するのは、
その人に変わった自分を見てもらいたい、
という気持ちを暗示している、みたいなことを聞きます。
かれこれ30年ぐらいぶりの再会ですから、
ものすごい変わっているわけですけども、
そんな大きな変化を見てもらいたい、
という気持ちが私のどこかにあったのでしょうか。

何となく、新しいことが始まりそう、
という予感がしていた矢先のことでした。
ほんとに、何か始まるのかもしれません。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
Add to Bloglines Add to Google Reader Add to livedoor Reader Add to Hatena::RSS