投稿

5月, 2014の投稿を表示しています

【雑感】ねじリズム番外公演・多賀の新作上演です。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

今回は私の久々の新作が上演される運びになった旨、
ご報告したいと思います。




















☆ねじリズム番外公演☆
『それぞれの0(ゼロ)』
日時:2014年6月3日(火)~8日(日)
会場:渋谷ギャラリーLE DECO5F

作:多賀大祐
演出:タカヤギアオヤ氏
出演:石川伸一郎/鈴木祥二郎/佐々木仁/落合孝裕

◆タイムテーブル:
6月3日(火)15:30(公開ゲネプロ)/19:30
6月4日(水)15:30☆/19:30
6月5日(木)14:00☆/19:30
6月6日(金)14:00☆/19:30
6月7日(土)14:00/18:00
6月8日(日)12:30/15:00
※全12ステージ。詳しくはねじリズムofficial webで御覧下さいませ。→http://www.nejirism.com/
※記載時間は開演時刻となります。
※☆マークの公演は平日昼割公演です。

◆チケット料金(全席自由):
前売り2800円/当日3000円/平日昼割2500円/学割2300円
※学生のお客様は毎公演2300円でご覧頂けます(*劇場受付にて要証明)

◆チケット一般発売 2014年5月3(土)10:00~
◆ねじリズム『それぞれの0(ゼロ)』予約フォーム
<PC用>https://ticket.corich.jp/apply/53429/
<携帯用>http://ticket.corich.jp/apply/53429/

みなさま、お誘い合わせの上、
どうぞご来場下さいませ。


【食べある記?】呼び出し太郎のちゃんこ鍋。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

大相撲夏場所、真っ盛りでございます。

昨日、相撲中継で呼び出しの方にフォーカスを当てて、
放送がされておりましたが、
その中で「呼び出し太郎」という方のことが、
呼び出しの中でも有名な方だった、
というようなことを言っておりました。

ふと思い出したのですが、
大学生の時、A新聞の当時政治部デスクだった、
Aさん(その後社長に就任されましたが)が、
連れていってくださったちゃんこ屋さんが、
「呼び出し太郎」という店名だったのでございます。

お店ではなく、太郎さんのお宅、
という風情で看板も出ていない感じで、
鶏肉をベースにしたさっぱりとしたちゃんこだったのですが、
今でもやってらっしゃるのかしら、
と思ってググってみてもまったく出てこず。

その中で、どうやらこういうことだったのか、
というのがわかる記事を見つけました。

全日本鍋もの研究会 No.41 《鍋物とは何だろうⅢ》⑥雑炊と汁掛け飯

どうやらですね、
新聞記者の方々で、大相撲担当の方々が、
相撲協会の新聞担当だった太郎さんの世話になり、
その中でちゃんこ鍋をふるまってもらった、
というのが評判になって、
その後記者たちが政治家なんかを連れてきたりした、
なんということだったようでございます。
その政治家には、大平正芳とか中曽根康弘とか、
名だたる方々がいらしたということで。

そんな歴史のあるものを食させてもらったのか、
と改めて思うと、何だか身震いしてきたわけでございます。

人はいろいろ、それぞれの体験を持って成長するものですが、
私もきっと、人には体験できなかったようなことを、
たくさん体験させてもらっていることで、
今の私がいるのだなあ、と改めて思った次第でございます。


【雑感】天気雨。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

現在、四ツ谷なぅ、でございます。
ちょっと前に、天気雨に遭遇しました。
久々ですね、天気雨ってのは。

宇都宮ではひょうが降ったとか。
大気が不安定、という予報は、
見事に当たっているようでございます。

変な天気に見舞われないよう、
早いとこ引き上げましょう。

【私の音楽ライブラリー】CYBORG KAORI @Shibuya Scramble Crossing

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

Facebookでタイムラインに表示され、
とても興味を感じさせられた、
CYBORG KAORI(サイボーグかおり)さん。

こんなかわいらしい女の子が、
スゴい顔してビートを刻むのが、
とても印象的だったりするのでございます。

ブレイク、しないかなー。

【雑感】初稿アップ。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ようやく、頼まれていた脚本の初稿、上げました。
ふーーー。

求人広告の仕事の合間に執筆しておりましたが、
ある程度まとまった時間が取れる時に、
集中して書きたいと思うタチなもので、
求人の方の仕事が立て込むと、どうしても後ろ倒しに。
連休が近くなってきて、少し仕事が空いてきたので、
まとまった時間が取れたのが幸いでした。

舞台の詳細は、改めてお知らせします。
いずれにしても、久々に自分の作品を執筆するというのは、
とても楽しかった次第です。