2011年9月17日土曜日

【雑感】大人はなめられている。

ゆでたまごのすけでございます。

今日は娘の中学で体育祭がございまして、
親父の会の代表をやっている私は、
その運営サポートに訪ねていったわけでございます。

テントの片づけなどを手伝いまして、
今年一番の日焼けを体験したわけでございますが。

学校としてルールで、
他校の生徒は校内への立ち入りをさせない、
というのがございまして。

まあ、要するにワルな生徒が他校のワルの生徒とつるんでいて、
他校の生徒がかまってもらいたいからやってきて、
それでややこしい問題を起こされるのを嫌ってのルール、
ということでございますけれども。

最近の中学生は、
他校の生徒とルールを決めてケンカをして、
そいでケンカを終えると仲良くなって、
ワル同士のコミュニティーをつくる、という傾向があるそうで。
そのコミュニケーションのツールとして携帯やメールを駆使する、
ということらしいのでございますが、
ツールは変われど、まあ中学生なんてそんなもんだろう、
という感じがするわけではございます。

で、まあ他校の生徒がやってきたわけですな。

入るな、といくら言っても聞かずに入ろうとする。
ちょっと厳しい言い方で追い出すわけでございますが、
それでも学校のそばをうろうろして、
スキを見れば入ろうとし続けるもので、
あげくの果てに警察へ通報して、パトカーがやってくる、
なんて騒ぎになったわけでございます。

それだけを聞くと、そこまでする必要あるのか、
と感じる人も多いように思いますが。
まあその場で、そのワルと言われる生徒と接していると、
要は大人をなめている態度をしよるわけですな。

なめられるようなことをしている大人がいけない、
という話もありますが。

結局、断固とした態度をちゃんと見せることをしない
大人ばかりがまわりにいるから、そういう態度をするんだろう、
と思うわけでございます。
PTA会長の方とも話をしていたのですが、
「あのなめくさった態度が、許せんね」と意見は一致。
私も、昔だったら、彼らのことを理解してやろう、
救ってやろう、なんて気持ちで強くは言えなかったような気がいたしますが、
なんか今日は、そんな彼らの態度を見ていて、
理屈も何もあったもんじゃなく、「いいから出てけ」と、
彼らを見据えて強く声を荒げておりましたね。

世界を大きく見たら、大した問題ではございません。
でも何となく、そうやって大した問題じゃない、
といい加減に彼らを見過ごしてきたから、
そんななめた態度を取るような子どもを育てている、
という事実は間違いなくある、という気がした出来事でございました。
  ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

Add to Bloglines Add to Google Reader Add to livedoor Reader Add to Hatena::RSS