投稿

2016の投稿を表示しています

【雑感】みんな元気かい。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

みんな元気かい?




【雑感】気づきのあるスポーツ、スキューバダイビング。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

突然ですが、スキューバダイビングを始めました。

それというのも、
仲の良い社長さんが月二回という勢いで、
宮古島にスキューバをしに行っていて、
「世界観が変わるよ」と勧めてきたもので、
それに乗っかってのことでございます。

確かに、変わりましたね。

実は5月の連休に一度、
オープンライセンスを取る、というのを目標に、
チャレンジしてみたものの三回潜って二回溺れる、
という体たらくでライセンス取得できず。
そのリベンジで10月の終わり頃に再度、
宮古島まで行ってきたわけですが、
結論から言うとそこでちゃんとライセンス取得できた次第です。
その講習も含めて、今回は二日間にわたり五回、
潜ってきたわけですが、初日の三回のダイビングの中で、
インストラクターさんに言われた一言。

「ずるいです、私が手を貸すとバタ足しなくなるから」

えー、そうだったのー?
と、自分ではまったく意識していなかったもので、
指摘を受けてマジで驚いた次第でして。

しかしこれ、ダイビングに限らず、
これまでの私の人生で何かにつけ、そうだったのでは、
などと深く考えてしまいまして。
いろいろと反省をしたわけでございます。

そんな気づきのあるスキューバダイビングって、
とっても魅力的なスポーツだなあ、と思った次第です。

あ、もちろん海の中や魚たちも素敵ですよ。はい。

【雑感】お神輿が駅に突入する、赤羽という街。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

昨日は久しぶりに「第二の故郷」とも言える、
赤羽に寄ってまいりました。
地元の八幡神社のお祭りだったようで、
駅前をお神輿が練り歩いておりました。

しかしながら、練り歩きは駅前に留まりませんでした。
なんと、駅の東口と西口をつなぐ通路のところに、
東口側を練り歩いていたお神輿が入ってきたのです。

それだけでびっくりしていたのですが、
そうしたらさらに西口側からもう一基のお神輿が。
よく赤羽の祭りはけんか神輿になる、
みたいな話を聞いていたのですが、
きっと赤羽では当たり前の風景なんだろうな、
と思いながら眺めていた次第でございます。

なんかこういう「らしさ」のある街、
私は嫌いではありません。

【雑感】今日は、対談の取材。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

今日の取材は、対談でございます。
社長さんと社長さんの、対談。
私の役目は、対談の司会的なポジション。
後で対談を記事にする、という仕事でございます。

こういう仕事、ちょっと楽しいんですよね。
ふだんは取材対象者と一対一で話を聞くことが多く、
そういう場合はいつも自慢のブラインドタッチで、
メモをパソコンで取って、その後、
それを見ながら記事に起こす、
という段取りでやっているのですが、
対談の場合はICレコーダーを使って録音し、
後で「テープ起こし」(古い言い方ですね)をして、
記事にするという流れにしています。
そうしないと、対談されている方々の会話を、
盛り上げることに力が注げないもので。

盛り上がった会話の臨場感を、
記事にして伝えられるように工夫する。
これがまた、ライティングをやってる者の醍醐味、
と言えるのではないかと思っています。

さて、これからもう一件、対談を取材します。
どんな言葉が交わされるのか、楽しみです。

【雑感】とりあえず生きてます。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

すっかりご無沙汰になってしまいました。
とりあえず生きてます、というご報告を。

そして7月末、引っ越しました。
ずっと東京都北区赤羽に潜伏しておりましたが、
拠点は品川に移しました。
訳は、追ってご報告します。

更新しない間、いろんなことがありました。
いいことも、悪いことも。
でも、全てが糧となって、今に至る、
という感じです。

更新頻度は、少し上がるかと思います。
書きたいことは、山ほどありますから。
これからどうぞ、
ゆでたまごのすけのみなさんのおかげですブログ、
お楽しみに。

【雑感】フリーランスという生き方。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ずいぶんと久しぶりの更新になりました。
この一年、何だか忙しい日々を過ごしており、
とても自分のことをブログで書く、
という気持ちになれるほどの余裕がありませんでした。

まあ、それだけ忙しいというのは、
フリーランスで生きている私としては、
必要とされているわけですから大変ありがたいのですが。

フリーランス(自営業)となって、20年が過ぎました。
ご想像いただけるかもしれませんが、
フリーランスという働き方は山あり谷あり、
なかなか安定するものではありません。
一方で、同じ仕事を生業としながら、
20年もの長い間フリーランスをやってこれるというのは、
なかなかすごいことだと言われることもしばしばです。

単に、組織の中で働くスタイルが、
私には合ってないだけのことのようにも思いますが。

人から与えられたミッションだとか、目標だとか、
そういうものに縛られて生きることができない、
というか嫌いなんですね、私は。
わがままと言ってしまえばそれまでですが、
はい、わがままなんです、私、と最近は開き直っています。
その代わり、普通に会社員として働いているだけでは、
おそらくは体験できないようなことも体験させてもらっています。
とある市議会や大手企業のホームページをプロデュースしたり、
なんてことは、組織のミッションや目標とは全く関係のないところで、
請われるきっかけがあったからできたことだと感じています。

私はおそらくこれからも、
フリーランスという生き方で生きられるところまで生きる、
ということになるとは思いますが、
その中でまたこれまで体験したことのないようなことを、
いくつも体験できる可能性があると考えると、
40代も半ばを過ぎてもまだまだワクワクしてしまう、
今日この頃なのであります。