投稿

2015の投稿を表示しています

【雑感】ユニクロは買わない、いや、買えない。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

衣料品販売の業界で、
ユニクロとしまむらは二大巨頭、
という言われ方をよくします。
そんな中、この数年はユニクロが勝ち組、
しまむらが負け組、みたいな感じで、
経済誌などを賑わせているようでございます。

簡単に言うと、
ユニクロはデフレからインフレに入った世の流れに
うまく乗って、しまむらは乗り遅れた、と。
まあ、なるほどね、と思う論調でございます。

でも私、ユニクロでは買い物しません。
いや、こういうと何か信念があるかのようですが、
そういうわけでもありません。

単に、自分のサイズがないんでございます(苦笑)。
まあ、それを言ったら、しまむらもそうですが(汗)。

私のごひいきは、サカゼンでございます。
大きな人の大きな服の店。
イメージキャラクターは、ホンジャマカの石塚さん。
これでしょう!

私のクローゼットには、
サカゼンがたくさん並んでいる次第です。

【雑感】ネットに夢を。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

漠然と、ではありますが。

たとえば本が夢を与えてきたように。
テレビが夢を与えてきたように。
ネットも夢を与えていかないといけないのではないか、
と思うのでございます。

求人広告の仕事に携わる中で、
いろんな企業と出会う機会があり、
いろんなビジネスモデルがあるものだ、
と驚きを感じる日々が続き、
たいがい成功している企業というのは、
「想い」というか「哲学」というか、
そういうものが根本にあるのだなあ、
と思うことがよくあるわけでございます。
いくら利益を生み出すことに優れたビジネスモデルでも、
軸の部分で「想い」がないと、
たいがいどこかで瓦解するものだと感じるのでございます。

本が売れないとか、
テレビがつまらないとか、
言われて久しいと思います。
それはひとえに、
本やテレビを媒介に儲けられなくなった、
ということと同義のような気がするのでございます。
でも、もともとは、
本でもテレビでも初めてつくった人たちは、
「これで人を楽しませたい」という「想い」が、
必ずあったはずだと思うのでございます。

ネットの世界では「どうやってビジネスモデル化するか」
みたいなことが先行してしまっている感じがしますが、
それを考える前に、
「見てみたい」「面白い」と思ってもらえるような、
コンテンツづくりに真摯に取り組む必要があるのでは、
と思ったりするのでございます。

ちょっとそういう試みをやってみようかな、
と思う今日この頃でございます。
時間はかかるかもしれませんが、
新しいことを始めたいと思う次第です。

【雑感】終わりの、始まり。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ずいぶんとご無沙汰な更新となってしまいました。

「終わりの、始まり」というと、
全てのことには終わりがあり、
始まりとはその終わりに向けたもの、
というネガティブなイメージもある気がしますが。
個人的には、それはポジティブなもの、
と捉えたいと思う次第でございます。

つまり、何かが終われば、必ず何かが始まる、と。

春は出会いと別れの季節、と申します。
きっと多くの方に、出会いと別れがあるのだろう、
と思いをはせつつ、
私のもとでも何かが終わり、何かが始まる、
という予感がしているのであります。

だんだんと温かくなってまいりました。
ワクワクするような季節を迎え、
素直にワクワクしていようと思う今日この頃です。

【携帯より】ベタに初詣。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。
あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。
あけおめことよろ、でございます。
今年もベタな初詣シリーズ、 行ってまいりました。 今年は西新井大師でございます。

熊手が売っておりました。 昨年は買いそびれてしまい、 今年も酉の市の最後を飾る 鳩ヶ谷のおかめ市を逃したので、 また買いそびれた、 と思っていたのですが、 売ってるんですね。 初めて知りました。

そして西新井大師近くの人気店、 大寿の今川焼き。美味でございます。

さらには何だかわからないけど、 店名も何もない、 出店のようにやっていた、 ボリューミーな豚まんでございます。 これまた、でらうまだったのでございます。

店頭はこんな感じ。
あまりにも無防備な感じで、 あまりにも刹那的で、 つい買い食いしてしまった次第でございます。
今年もまた、 みなさんにとって良い年であることを、 祈念してまいりました。 私の日常を綴るだけのブログではございますが、 またよかったらお立ち寄りください。