投稿

2012の投稿を表示しています

【雑感】不思議な安定感。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

総選挙も終え、慌ただしく年末年始がやってきました。
安倍政権が誕生し、株価も上がり、円安は進んでます。
自民党の人たちも引き締まった顔をしており、
「自分たちは積極的に選ばれたわけではない」という、
自覚のようなものが見えているのが好感度を上げている、
という感じがしておる次第でございます。

何かの番組で水道橋博士さんが、
「安倍政権のことに批判的な発言をしようとすると、
抑制しようとするメディアの姿勢には疑問がある」
という主旨のことをおっしゃっておられましたが、
そういう方向性があるということも念頭に置きながら、
メディアには触れておいた方がいいと思わずにはいられません。

日本人というのは雰囲気に引きずられる傾向がある、
というふうに思うのでございます。
その「雰囲気」をつくり出すのは、
かなり衰退したとは言われながらも、
やはりまだテレビというメディアは大きな影響力を持つ、
ということは紛れもない事実だと感じます。
そんな意図的な「雰囲気」づくりもあってなのか、
民主党政権だった頃と比べると、
何だか不思議な安定感を感じている方が多いのでは、
と思うのでございます。

閣僚になった方々の発言を聞いたり読んだりしても、
慎重に言葉を選びながらしゃべっている、
という印象が強く感じられるのでございます。
リスクマネジメントをコンサルティングする会社、
というものがこの世に存在するのは、
あまりご存じない方も多いのではないかと思いますが、
そういう会社が長きにわたって研修でも施したのか、
と思うほど、統制が取られている気がするのでございます。

今朝の新聞にも、石破さんが今回の総選挙で
初当選した新人議員110名以上を対象にして、
勉強会のようなものを催した、というニュースがありました。
ちなみにこの110名以上というのは、
「小泉チルドレン」と言われた郵政選挙の際に誕生した
新人議員の数よりも多いんだそうでございます。
そんな彼らに、「余計なことは言うな」というような、
指導を施しているのかしら、なんて穿って見てしまいますが、
まあそれも政権を安定運営するには必要なリスクマネジメント、
と言えるのかもしれませんね。

たとえば「原発ゼロ」は現実的かというと、
すぐにそうはならない、という観点から方針を固めたり。
「高校無償化」には所得…

【雑感】訳あり。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

先日、小学校の時の同級生たちと、
恵比寿でプチ忘年会をやりました。

一軒目はおしゃれなイタリアンだったのですが、
二軒目に訪れたのが「恵比寿横丁」という、
ここはソウルか、と思うくらいのにぎわいのある、
屋台風な飲み屋が連なる一角でございました。

その屋台が連なる中に、
ぽつんとカラオケボックスのように、
鎮座増しているお店がございまして、
見上げますと、看板に

スナック 訳あり

とありまして。
どんな訳があるんだろう、と思い、
吸い寄せられるようにお店へ入り。
マスターに店員風の男性が何人かいる、
という雰囲気だったのでございますが、
店員風の男性は実はお客様だったらしく。
なんか、一緒になってお店を盛り上げてる、
という感じが何とも「訳あり」でございまして(笑)。

カラオケ歌い放題、お酒どんな種類でも飲み放題、
つまみがほしけりゃ近くの屋台で出前してもらう、
というスタイルが何ともラフで、いい感じ。
全部込み込みで90分3000円という価格設定も、
結構リーズナブルだったように思うのでございます。

恵比寿にお立ち寄りの際は、
ぜひ一度足を運ばれるといいと思います。
あくまで、ちょっとズレた感じの世界が楽しい、
と思える方限定ではございますが。

【雑感】カエルの子はカエル、じゃない。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

人間の性根は、いつまで経っても変わらない、
というのを格言的に言うとなんて言うんでしたかね。

カエルの子はカエル

とばっかり頭に浮かぶんですが、
それじゃない!と一人で突っ込んでおりました。

人は変わる、と期待して接していて、
その期待が裏切られると、すごく徒労感に襲われます。
しかしながら、そもそもそう期待しなければ、
そんな徒労感に襲われることもなくなるよなあ、
と最近は思うようになってきた今日この頃です。

いちいち怒ってても、疲れますからね。
わからん人は、いつまで経ってもわからん。
そう思っといた方が、楽ですわ。



【雑感】おなかがいたくて、やめてみたい。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

えらいことになってますね、選挙。
揺り戻しなのか、何なのか。
こんなに人気あったの?って感じですね。
若者が投票に行かない、
というのは統計上でも証明されていますが、
行かないといかんよ、ほんと。

そして、おなかがいたいって言って、
辞めた人がまたやるわけですよね。
そんなんで辞められるんなら、
辞めてみたいと思ってしまうわけですが、
またおなかがいたいって辞めたら、
ある意味スゴいことだなあ、と思ってしまう次第です。

いっそ、そうやってやめてみてもらいたい。

【雑感】今までがよかった人が多過ぎる。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ちまたは選挙でにぎわっているようでございますね。
こういう話題をブログで書くと、
いろいろと問題になりそうな感じがあるので、
あまり書かずにきておりましたが、
選挙情勢などの報道を見ておりますと、

今までの方がよかった。

という方がこんなにも多いのか、
と驚かされてしまうわけでございます。

金持ちから支持されて、
金持ちにいいような政治をすると、
お金がもらえるから政治家になってます、
みたいな人たちが集まっているところが、
こんなに情勢が「有利」と言われるほど、
日本には金持ちがおったんかい、
と突っ込みを入れたくなってしまうのですが、
まあおそらく情勢通りの結果になったなら、
一瞬は景気がよくなった感じはするものの、
根本的な解決は何一つすることなく、
先送りにするだけになるでしょうから、
景気がよくなった感はきっと半年くらいはもつけど、
その先はあいたたた、ということになるんだろうなあ、
などと予測しておる次第でございます。

投票には、行ってまいりました。
こちらの意志は、示しとかないとね、と思うので。
まあ選挙結果がどうなろうと、
私は私の仕事をしっかりとこなしていくだけ、
と思っておりますけれども。

どっかの社長が言っておりました。

政治に頼った瞬間、ビジネスはおかしくなる。

言いえて妙、だと思います。

【雑感】ルノアールLOVE。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ルノアールと言っても、喫茶店の方でございます。
何が素敵って、電源を貸してくれるところでございます。

本日は午後から四ツ谷で取材があり、
夜にまた四ツ谷で取材がある、
というとても非効率な日程でございまして。
当然ながら、モバイルで作業をしたいわけですが、
Macさんは使えば使うほどに充電の減りが早くなり、
電源が借りられるところでないと、
作業するにもおぼつかないのでございます。

そんな時、救世主のように見えるのが、
ルノアールでございます。
たいがいのお店で、電源を貸していただけます。
こういう「ゆっくりしてって」と、
店内の雰囲気から醸し出してくれているお店ほど、
ホスピタリティの高いお店はない、
と思わずにはいられないのでございます。



【雑感】ひとり焼肉。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

なぜか、某焼肉店チェーンに来ております。
近くのお店で忘年会が予定されており、
早く着いてしまったのでお茶しよう、
と思ったのでございますが、
近隣に喫茶店などのあるような場所でなく(苦笑)。
なので、仕方なくドリンクバーがあることを見込み、
ひとり焼肉と相成った次第でございます。

この某焼肉店チェーン、
実は私が求人広告を初めてつくった会社さんでございます。
今でも忘れません、なんとかジャーナルの編集記事風広告。
当時は飛ぶ鳥を落とす勢いで新卒採用をやっておられましたが、
今はそれほどでもないのではないかと思います。
しかしながら、こちらのチェーンさんはほぼ直営で、
別の某チェーンさんと比較した時、
一時期は知名度も完全に抜かされておりましたが、
別の某チェーンさんの凋落ぶりに比べ、
直営でやっていたことがむしろよかったようで、
それほど大きく業績を下げることがなかったようでございます。
フランチャイズという方式は、
急速にビジネスを大きくするのに有効な方法、
ということもよくある話でございますが、
本体が「金儲け」だけに走った瞬間から、
急速に衰えていくのもよくある話なように思うのでございます。

何事も、無理なく、誠実に。
そういうスタンスでビジネスに臨む人や組織ほど、
根強い支持を獲得し、息の長い商売ができる、
という気がしてならないわけでございます。

【雑感】研修中。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ここのところ、お客様の会社の研修に、
立ち会わせていただく機会が増えています。

本日も、小川町付近で研修に立ち会っております。
わりと若手の方を中心とした、
コミュニケーション系の研修でございます。

研修って、すぐに役立つものではないですし、
やったからって業績がすぐ伸びる、
というわけでもないけれども、
やったことで何かしらの気づきを得られる人がいる、
というのは間違いないことだと思います。
研修に時間をかける企業というのは、
それだけ人材の育成に力を入れているわけだし、
お金をかける余裕がある会社である、
という見方ができると思います。

もちろん、やってりゃいいというものでもない、
というのも事実でございます。
その中身がどんなものなのか、
学生の方は就活で出会った企業には、
具体的な研修の中身を質問するといいな、
と改めて研修に立ち会わせてもらって、
思う次第でございます。

【雑感】食を、なめるな。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

なんかやたらとお店が増えている
チェーンの飲食店がございますが、
その運営会社さんは業績が厳しいそうで。
売上げが予想より下回る勢いだからと、
出店で売上げを伸ばして穴埋めしようとしている、
などというニュースが載っておりました。

株主だけを見て経営すると、そうなります、
という典型のような気がいたしますけども。
出店すれば売上げはとりあえず上がりますが、
そのお店がずっと営業してて、
サービスレベルが悪ければ、
当然ながら売上げは下がるわけで。
じゃあ潰してしまえばいい、というのは、
経営の手法としてあるというのはわかりますが、
そういうことをやってきて失敗こいた会社が、
これまでどれだけあったか、
というのを知らないんでしょうかね。

その運営会社さんは、価格固定型の居酒屋もやっていて、
最初はそういうスタイルがもの珍しくて、
メディアとかでも結構取り上げられておりましたが、
他のチェーンがマネするようになり、
明らかに料理のレベルがそっちの方が上、
というのをユーザーとして感じている中で、
その運営会社さんのお店はいずれおかしくなるだろう、
なんて予測を勝手にしておったのですが、
それみたことか、という事態になっているようで、
やっぱり食をなめたらあかんぜよ、とつくづく思うのでございます。

求人広告をやってますと、
企業さんに取材にうかがうたびに、
誠実にやっておられる会社さんは、
ちゃんと生き残るし、成長する、
と痛感するわけでございます。
逆に、ダメになる会社さんというのは、
だいたい誠実さに欠けている、
というのが私のこれまでの経験に基づく
統計結果でございます。
ま、誠実にやってなくても、
ムチャな成長をさせようとしなければ、
何とかやっていけたりするという事実もございますが、
無理な成長を望めば望むほど、
先に挙げた運営会社さんのようなことになったりする、
というのは間違いのない事実であると、
改めて感じてしまったわけでございます。

【雑感】久々の更新。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

久々の更新でございます。
毎年の恒例でございますが、
この時期にピークのやってくる、
求人広告の制作を生業としております。

やっと、少し落ち着きました。
でも、まだ余波が残っている感じ。
おかげで今朝も6時くらいまで仕事をし、
午前中のアポイントを終えて、
家に帰ってちょいと仕事を片づけて、
16時くらいから寝てしまって、
目が覚めたのは22時半という状況でございます。

さて、今夜はもう少し仕事をしようか、
なんて思っておるところでございます。
あまりの忙しさに、
まったく自炊する元気がなかったのでございますが、
久々に自ら名古屋的ナポリタンをつくり、
夜食として食べて、元気をつけたので、
しばしがんばってみようかと思っております。

【雑感】初、ソラマチ!

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

とりあえず、初ソラマチ、
でございます。
たまたま、取材先がソラマチ、
ということで、
訪ねてまいりました。

ソラマチからの、
ふもとからのスカイツリー、
なかなかデカいので
ございます。

しかしながら、
喫煙できるお店を探すのに、
驚くほど苦労したのでございます。
ソラマチは、東エリアと西エリアに
分かれておるのでございますが、
この東と西の端から端まで、
歩いた次第でございます。

最初、インフォメーションカウンターで
案内されたタリーズに行ってみたのですが、
確かに喫煙できるスペースがあるものの、
席数が少なく、しかも席が埋まっていて、
ほぼ鳥かご状態(苦笑)。
これはかなわんな、と思って、
もう一つあると言われたプロントが、
タリーズのあるところとはまったく逆の
西エリアだということで、
ひたすら歩いた次第でございます。

そいでもって、プロントで、
さて仕事でもしようか、と
モバイルを開いてみましたら、
ELT、じゃなかったLTEがつながらない。

諦めました。ひたすら、お茶しました。

何ともはや、喫煙者は、
ここまで追いやられているのか、
と改めて感じてしまったのでございます。

ま、とはいえ、止める気はないですが。
マイノリティーが大好きな私としては、
自分がマイノリティーになればなるほど、
「ああ、なんて私ってかわいそう」
とばかりに自分大好きになってしまうので。
めんどくさい性格でございます(苦笑)。

てなわけで、取材を終えて、
次の19:30からの取材に向けて、
ただいま四ツ谷で待機中でございます。
今度は、ちょいと仕事をしてみよう、
なぞと思っておるところでございます。

【雑感】くぬぎ山ってどこよ(笑)

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ただいま、松戸駅でございます。
昨日から今日にかけては、
ほぼ一睡もしとりません。。

やることいっぱーい♪

電車の中でクラクラしながら、
たどり着いたのが松戸駅。
今日の取材先が「くぬぎ山」という
駅のそばらしいのでございますが、
どこやねん、と思っておったのでございます。
松戸市民の方、申し訳ありません。

あまり聞き慣れぬ地名のところへ行くのは、
ちょっとしたスリルがあって楽しいのでございます。
若干、睡眠不足に伴うナチュラルハイも
入っているような気がしてなりませんが。。

新京成、出発しました。
ではこれから、取材へ行ってまいります。

【雑感】なぜか、桜川公園。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

ただいま21時55分。
なぜか、八丁堀の桜川公園にて、
一人でパソコンに向かっております。

大容量のデータ送信をし始めたら、
思いもかけず時間がかかり。。
帰ってやればいいのですが、
とりあえず送ってしまいたい、
と思ってモバイルライフ満喫中。

さっさとデータ、飛んでって!

【雑感】システムメンテナンスのバカ。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

夜中まで仕事をしていると、
ちょいちょいシステムメンテナンスで、
調子を狂わされることがございます。

私がよく仕事をしているR社のシステムも、
だいたい夜中にメンテナンスがかかることがあり、
そのおかげで作業が途中で頓挫する、
ということがちょいちょいございます。

まあ、メンテナンスの予定を頭に入れて、
仕事をしなさい、という話ではございますが、
なんか調子よくなってきたぞー、
という時に限ってすっかりそんなのは頭から離れてしまっており、
気がついたらメンテナンスの時間になっていた、
というケースが実に多いのでございます。

そんなことを書いているのも、
つまり今、まさにそういう事態に直面した、
というわけでございます。

おとなしく寝るか。

【雑感】目がチカチカ。。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

さすがに睡眠時間のアベレージ、
2〜3時間という日々をほぼ1週間くらい続けますと、
目がチカチカしてまいります。

パソコンの画面をずっと見ているから、
ということもあるのでしょうが、
それにしても、鏡を見ずして、
目が血走っているのがわかるくらいに、
眼球の表面がヒリヒリしている感じでございます。

そんな状態で、ブログ更新しなさんな。
そういう声が、
画面を通じて聞こえてきそうな気がします。

【雑感】やる気マンマン。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

いつになく、やる気モードでございます。

ここんとこ、睡眠時間のアベレージが、
だいたい2時間前後という日々でございます。

季節的に、忙しくなる時期なので、
いつもこの季節はこんな感じでございますが、
今年はいつになく、やる気モードでございます。

何がどうしてそうなってるのか、
自分でもあまりよくわからない感じですが、
一つ言えるのは、
こなしている仕事がほとんど求人広告関連だけ、
という形で集約させていることでしょう。
長年やってきておりますから、
やはり得意分野に力を集中させた方が、
やる気を起きるもののようでございます。

選択と集中。
企業経営でも、よく言われることですね。
私も個人事業主でございますので、
その辺は意識した方がいいのだと、
16年ほど経って初めて気づいたようでございます。
ちっと、遅すぎではございますが(苦笑)。

【雑感】マクドナルドを食べる。

イメージ
ゆでたまごのすけでございます。

「マクドナルドを食べる」という表現に、
あまり違和感がないのは私だけでしょうか。

「ランチでマクドナルドを食べた」と言っても、
何か通じてしまうような気がしてしまうのです。

そう聞いた時、頭の中にイメージされるのは、
ビックマックとかポテトとかコーラとか、
あるいはチキンタツタとかチーズバーガーとか、
最近では期間限定の月見バーガーとか、
そういうものたちではないかと思われます。

ハンバーガーを食べる、というのは普通ですが、
マクドナルドを食べる、というのも普通っぽい。
なんかこの時点で、すでに、

マクドナルド = ハンバーガー

という意味合いとして「マクドナルド」という
言葉が成り立っているように思えてですね。
そして、マクドナルドはハンバーガーを食べさせる店、
でありながら、すでにマクドナルドのハンバーガーは、
ハンバーガーではなくマクドナルドである、
という感覚になってしまうわけでございます。

同義語として「富士そば」があるとも思います。

「富士そばを食べる」というのも、
同じような意味合いに受け取られるように思えます。
普通のそば屋さんで食べるそばではなく、
「富士そば」を食べる、という表現に違和感がない。
決して「小諸そばを食べる」とは言わないけど、
「富士そばを食べる」という表現は成り立つような
気がしてならないのでございます。

それはつまり、「富士そば」のそばはすでにそばではなく、
「富士そば」という食べ物になっているような
気がするわけでございます。

両者に共通するのは、
決して美味ではないが、そこでしか味わえない味がある、
ということで、それが共通言語として多くの人の中に、
浸透しているということではないか、と思うのでございます。

言葉とは、かくも面白いものか。
だから私は、コピーライターをやっているような気がしてなりません。