【雑感】夏の甲子園、開幕。

ゆでたまごのすけでございます。

夏の甲子園、開幕しましたね。
自分はスポーツまるでダメな人ですが、
観るのは好きなもので、毎年注目しています。

今年は、懐かしい顔ぶれが登場しております。

その筆頭は、何と言っても箕島高校。

尾藤監督の、箕島高校。
延長18回の、箕島高校。
春夏連覇の、箕島高校。

ちょうど、甲子園というものを意識的に見るようになった、
小学三、四年生くらいの頃の強豪校でございます。
20数年ぶりの出場と言いますから、計算も合います(笑)。
当時はすごく強くて、
昔からアンチ・マジョリティーな私としては、
対戦校の方をいつも応援していた記憶がございます。
今で言うと、大阪桐蔭高校みたいな感じですよね。

尾藤監督が亡くなられたというニュースは、
いつかは忘れましたが拝見した記憶があります。
その息子さんが今年から監督に就任され、
その年の夏の甲子園で出場される、というのも、
なんかすごく物語を感じてしまうわけでございます。

箕島高校というと、延長18回の激闘を制して、
春夏連覇を果たしたと語られることが多いですが、
その時のエースだったのが確か石井毅さんだった、
と名前を覚えておりましたので、
ウィキってみたところ、今は名前を変えられて、
独立リーグに関わっておられることを知りました。
やっぱり、野球には関わっておられるのだなあ、
ということを確認できて、いささかほっとしております。

本日、さっそく試合が行われました。
対戦校の山梨県代表・日川高校も、
夏の甲子園初勝利を目指した高校でございました。
ちなみにこちらの高校も、私にとっては懐かしく。
甲子園の特集をした雑誌を初めて購入したのが、
確かPL学園初優勝の年のものだったと記憶してますが、
その年にも出場していたはずだと思います。
そんな高校同士が対戦するというのは何とも感慨深い、
と一人で勝手に盛り上がっておったのでございます。

残念ながら、箕島は負けてしまいましたね。
でも、日川高校が夏の甲子園初勝利を果たした試合でもあります。
勝者、敗者で立場は違えど、それぞれのドラマが存在する。
なんか今年の甲子園は、どちらかに肩入れすることなく、
どっちもがんばれ、と言いながら観戦できそうな気がします。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。