【ご報告】ねじリズム番外公演、無事終了


















ゆでたまごのすけでございます。

私が脚本を手がけた公演、
ねじリズム番外公演「それぞれの0」。
ご来場いただきましたみなさま、
誠にありがとうございました。
おかげさまで大変好評をいただき、
無事に終演を迎えることができました。

今回、改めて作品を手がけてみて、
ご来場いただいたお客様はもちろん、
公演を支えて下さったスタッフの方々や、
私の脚本を演じてくれた役者のみなさんに、
心から感謝の気持ちを表したいと思いました。

本当に、ありがとうございました。

今回脚本を書かせてもらった劇団ねじリズムさんは、
これまでどちらかというと
シュールでスマートな笑いをベースに、
作品をつくってこられたようです。
過去の作品をYouTubeで拝見して、
私はそう感じました。
そんな中、私はかねてから、
どちらかというとベタな笑いをベースに、
ブラックユーモアに落としてみたり、
ファミリアーな感じに仕立てたり、
という作品を書いてきた脚本家ですので、
そんなテイストがほしいのかな、
という期待をされている気がしたことと、
結構イケメンな役者さんたちがいる劇団なので、
あえてベタなことをしてもらったら、
これまで見てきたお客様からすると、
「意外!」と思ってもらえるのかな、
なんて思いながら執筆させてもらいました。

それと私は基本的に、
初稿が上がって役者さんや演出家さんに渡したら、
好きにしてもらっていいよ、
というスタンスの脚本家です。
「一字一句その通りにやれ」という方もいますが、
私はそうではなく、
本を読んで、役者さんなり演出家さんなりが、
それぞれの受け止め方で捉えたものを、
自由に出してもらった方が、
ライブ感のある舞台になると思っています。
ねじリズムさんは、
役者としてキャリアのある人たちで
構成されている劇団でしたから、
なおのことその方がいいだろうな、と思い、
稽古にはほとんど顔を出さずにいました。

結果、長いことねじリズムさんを見てこられたお客様からは、
とても面白かった、という評価をいただけたようです。
ほっと、ひと安心でした。

私の知り合いも何人か、
劇場に足を運んでくれましたが、
初見の彼らからもお世辞抜きで、
「面白かった」と言ってもらえたので、
これまたひと安心な次第でした。

今後、またオファーがあれば、
書いてみたい、と思わせてくれる劇団でした。
しんちゃん、しょうちゃん、お疲れ様。
「いろいろ勉強になった」と言っていただけて、
私はとてもうれしく思っています。

改めてお伝えしますが、
私の中では本業は脚本家です(笑)。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

ラズベリー さんの投稿…
この度は、とても楽しい作品をありがとうございました。
ねじリズムファンとして、お礼を申し上げます。

多賀さんが、どのようなコンセプトで作品を書かれたのかが気になっていましたが、よくねじリズムを研究してくださった上で書いてくださったのだなと、とてもうれしく思いました。
多賀さんがおっしゃるように、シュールな笑いがねじリズムの持ち味ですが、今回のようなベタな笑いもとても面白くて、素直に笑わせていただきました。

特におもしろかったところは、オグリキャップのシーン、¥1,143,322のシーンです。
この金額は、計算してもこの数字にならなかったので、お芝居としておもしろい数字を考えられたのかな?と想像しました。
それと、山田が悩みを告白するシーンは、セリフが胸に響きました。
笑って笑って、ジーンとさせられ、いいラストで締められた素敵な作品でした。

今回は、ねじリズムの新しい魅力を引き出してくださり、本当にありがとうございました。
また機会がありましたら、ぜひねじリズムのために書いてくださいね。
今後とも、ねじリズムをどうぞよろしくお願い致します。
多賀大祐 さんの投稿…
>ラズベリーさん

コメント、ありがとうございます。
とてもよい評価をしていただき、
感謝感激であり、恐縮してしまいます。
機会があれば、
また書かせてもらいたいと思います。
今後もどうぞよろしくお願いします。

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。