2014年6月26日木曜日

【雑感】素人が見たW杯。

ゆでたまごのすけでございます。

ワールドカップネタが続いてますが、
日本代表が一次リーグ敗退になって、
急速に注目度が落ちたところで、
あえてまた。

今回、日本代表以外の試合を結構見ましたが、
世界のサッカーは日本の一歩先というか、
二歩か三歩、いやもっと先へ行っている、
というような印象を持ってしまいました。

何より、スペインの一次リーグ敗退。
パスサッカーが世界標準だったのを、
とことん潰しに来た大会のような感じがして。

スペイン的なパスサッカーの上を行くために、
とことん走ってプレスをかける、
というサッカーが次世代の標準になった気が。
5バックというスタイルを取るチームが増えたのも、
なんか世界のサッカーがさらに進化したような。
5バックの両サイドが上がって、
3バックの5ないし6の中盤にシステムを変えたり、
柔軟にやるのが世界標準になってきたようにも。

おそらく、4年後のワールドカップでは、
さらにその世界標準を越えるためにどうするか、
を考えてくるんだろうな、と。
素人の勝手な予想では、
進化したカウンターサッカーが次の標準になるような。

はい、素人の戯れ言です。
でも、昔よりサッカーを面白く見れるようになったのは、
間違いありません。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

Add to Bloglines Add to Google Reader Add to livedoor Reader Add to Hatena::RSS