【介護日記】(34)最終回です

ゆでたまごのすけでございます。

介護日記のカテゴリーは、最終回になります。
ならざるを得なくなってしまった、という方が正しいですね。

母親が5月4日、亡くなりました。

直前のブログを更新した後、
その日の夕方に容態が急変し、
完全に意識を失ってしまって、
だんだんと心拍数が落ちていき、
血圧も下降気味になってしまったのです。
そしてその深夜、23時40分、息を引き取りました。

人間、血のつながった肉親を失った時というのは、
まるでドラマのように嗚咽するものだということを、
初めて知りました。

葬儀は、近親者のみで静かに執り行いました。
祭壇には、母が生前に使っていたメガネのコレクションや、
アルバムの数々を並べて、
身内の者たちでいろいろ昔の話に花を咲かせておりました。

昭和3年生まれにしては、
若い頃の写真が数多く残っているのが珍しいのではないでしょうか。
母の実家は、お父さん(私のおじいちゃん)が郵便局長で、
わりと裕福な家庭だったのです。女学校も出てますし。

おしゃれな人だったと思います。
普通はこんなデザインや柄の服なんて着れない、
と思うような服を普通に着て歩ける人でした。

さっきのメガネコレクションも、
そのほとんどはディオールとかサンローランとか、
そういったブランド品ばかりでしたし。

「年寄りの集まりに行くのは大嫌い」と公言していた通り、
自分が年寄りだということを最後まで認めたくない、
という気持ちを押し通す人でした。

4日の午前中、
危篤状態の母親にまだ意識がある状態で、
会うことができました。
私が号泣し、嫁や子供も号泣しながら、
母の手を握りしめていたら、
ふと、母親の意識が戻り、
私たちのそんな姿に目をやり、
まるで「やめて!」というように、
その手を振りほどきました。
きっとその時、母は、
「私はまだ死なんから、そんなのやめて」
と言っていたのでしょう。
そんな、気丈な母でした。

あれから10日ほど経ちました。
ようやく、気持ちの面でも整理がついてきた感じです。
いろいろ、手続きや申請といった事務処理が、
さまざまに残っている状態ではありますが。

ご心配をおかけしたみなさん、申し訳ありませんでした。
もう、大丈夫です。しっかりと、前を向いて進みます。

いろいろあって、
愛憎劇とでも言うべき体験もさせられた母でしたが、
それでも、私を生んでくれたことに、
心の底から感謝をして、母を送り出した次第です。

どうぞみなさん、家族は、大切になさって下さい。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

あおい さんのコメント…
お悔やみ申し上げます<(_ _)>
大丈夫ですか?体ではなくて、心の方ですよ。前向きに、頑張ってください。きっとお母さんも天国から見てるはずだから・・・
介護日記、私の仕事の参考にします!
たぶれっと さんのコメント…
お悔やみ申し上げます。

これからじわじわ堪えて来ると思います。
それは何年経っても癒えないことです。
割り切るに割り切れなくなってきますが
何とかするしかないです。
ゆでたまごのすけ さんの投稿…
>あおいさん
コメントありがとう♪
前向きに、ね。そうそう。
あまり過去を振り返ってばかりいても、
仕方ないですからね。
頑張ります!

>たぶれっとさん
コメントありがとうございます♪
心の中にはずっと母も、そして父も、
住んでいるのだなあ、と思う今日この頃です。
残された者はそうやって生きていかないと、
いけないのだと感じます。
ゆぅ さんのコメント…
おしゃれなレディ…という感じのお母様だったんですね。
会ってみたかったです。
いつまでも若々しかったお母様。
お空でますますキレイに輝いているんじゃないでしょうか。

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。