【旅の思ひ出】櫓から物見体験。



ゆでたまごのすけでございます。

こちら、上田城の「櫓」
にあった覗き窓から
の眺めでございます。

「櫓」とは、
「やぐら」と読みます。
要するに、物見用の建築物、
ということでございますね。

こうして、反対側の
「櫓」の様子をうかがう、
というのがこの覗き窓の目的
だったようでございます。

見張りをする人は、
こういう光景を見ていたのだなあ、
などと感慨に耽ってみたり
したわけでございます。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。