【雑感】春の選抜がまるでドカベンのよう。

ゆでたまごのすけでございます。

昨日、長野の丸子修学館と和歌山の智弁和歌山の試合がありました。
4対3で丸子修学館がリードした直後、
ライトの選手が足をおかしくして交替し、
さらに今度はショートとレフトが捕球をしに行って交錯し、
両者ともにケガでタンカで運ばれるという事態になりました。

その後、智弁和歌山が逆転し、大勝。
いや、そんな事態に平常心でいられない、
というのは高校生ならしかたがないことでしょう。
もしあの事故がなかったら、というのを想像してしまいます。

まるで、マンガのドカベンで登場するような展開だなあ。
そう思いながら、仕事場でワンセグで見ながら思ってしまいました。

古くは、市立銚子高校の銚子投手、
その後横浜に入団してプロになった方ですが、
夏の甲子園に出場し、ピッチャーライナーの打球を顔に受け、
そのまま退場し、チームも敗れる、なんてことがありました。
当時、私は小学生。とても印象に残った試合でした。
なんか、その時のことを思い出すような、そんな試合でした。

ケガをした選手には、早い回復をお祈りします。
しかし、ドラマです。だからスポーツは、面白い。
そう思いました。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

ペコさま。 さんのコメント…
初コメしま~す(○'ω'○)

アタシは、春高バレーに夢中でございました。。。

熱いね~。

バスケやりたくなってきた^^
ゆでたまごのすけ さんの投稿…
>ペコさま。さん
初コメ、ありがとです♪
春高バレーも、熱いですよねえ。
確かに、バスケやりたい。
でもきっと息が続かないんだろうなあ。。

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!