【就職・転職のツボ】求人広告の読み方。

ゆでたまごのすけでございます。

私はずっと、求人広告の制作に携わってきましたが、
その仕事に関したことをあまり書いたことがないなあ、
などと改めて思いまして、
少し、書いてみようかと思った次第でございます。

求人広告の読み方、とタイトルをつけてみましたが。
必ずしも求人広告だけの話ではないのですが、
一つ、間違いなく言えることがあります。

それは、

饒舌に語っているものほど、うさんくさい。

ということです。

よく、金色の財布で幸運を呼ぶだとか、
ハゲが治るとか、その手の広告ってありますよね。

そういったものの広告って、
ものすごくいっぱい文字が書かれていませんか。
いろいろな人の体験談とか、
それがなぜ幸運を呼ぶかとか、治るかとか、
そういうことがたくさん書かれているでしょう。

簡単に言ってしまえば、
うさんくさいから、いっぱい語らないと、
ほんとっぽく思ってもらえないから、いっぱい書いている、
ということなんだと思うのでございます。

なので、求人広告を見る際も、
必要以上に饒舌な語りになっているものは、
ちょっと斜に構えて見た方がいいと思うのでございます。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。