【雑感】マクドナルドを食べる。

ゆでたまごのすけでございます。

「マクドナルドを食べる」という表現に、
あまり違和感がないのは私だけでしょうか。

「ランチでマクドナルドを食べた」と言っても、
何か通じてしまうような気がしてしまうのです。

そう聞いた時、頭の中にイメージされるのは、
ビックマックとかポテトとかコーラとか、
あるいはチキンタツタとかチーズバーガーとか、
最近では期間限定の月見バーガーとか、
そういうものたちではないかと思われます。

ハンバーガーを食べる、というのは普通ですが、
マクドナルドを食べる、というのも普通っぽい。
なんかこの時点で、すでに、

マクドナルド = ハンバーガー

という意味合いとして「マクドナルド」という
言葉が成り立っているように思えてですね。
そして、マクドナルドはハンバーガーを食べさせる店、
でありながら、すでにマクドナルドのハンバーガーは、
ハンバーガーではなくマクドナルドである、
という感覚になってしまうわけでございます。

同義語として「富士そば」があるとも思います。

「富士そばを食べる」というのも、
同じような意味合いに受け取られるように思えます。
普通のそば屋さんで食べるそばではなく、
「富士そば」を食べる、という表現に違和感がない。
決して「小諸そばを食べる」とは言わないけど、
「富士そばを食べる」という表現は成り立つような
気がしてならないのでございます。

それはつまり、「富士そば」のそばはすでにそばではなく、
「富士そば」という食べ物になっているような
気がするわけでございます。

両者に共通するのは、
決して美味ではないが、そこでしか味わえない味がある、
ということで、それが共通言語として多くの人の中に、
浸透しているということではないか、と思うのでございます。

言葉とは、かくも面白いものか。
だから私は、コピーライターをやっているような気がしてなりません。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。