2014年8月5日火曜日

【雑感】政治を「自分ゴト」にする方法。

ゆでたまごのすけでございます。

2年ほど前でしょうか、
とある地方の市議会が開設するホームページに、
関わらせていただくことがありました。

その市議会の議員の方が、
私がよく仕事をさせてもらっている某社の出身で、
ある異業種交流会の席で知り合うことになり、
「ホームページを改編するから手伝ってほしい」
とお声がけいただいたのがきっかけでした。

私が拠点とする東京北部・赤羽からは、
ちょいと時間がかかる市役所の方へうかがい。
その市議の方と、見た目ご年輩の市議の方が数名、
それに某大学の職員の方と某IT企業の担当者の方、
それと私が集まり、意見を交わしました。

目指すのは、市民がわかりやすい市議会の情報発信。

少なくとも当時の既存ホームページは、
どこを見れば何があるのか、わかりづらいものでした。
いわゆる、ユーザビリティーに欠けたサイトだ、と。
私は、普通の人が普通にわかりやすいカテゴリーづくりをして、
情報を分類することから始めましょう、と提案しました。

そこからああでもないこうでもない、
というのがほぼ一日続き、
結果、こうしていこうという方針が固まって、
改編されたホームページは評判がよかったようでございます。

そんな市議の方が、
今日の某新聞朝刊のオピニオン欄で、
「地方議会はいらない?」をテーマにコメントを寄せられていました。
地方議会の問題を市民は「自分ゴト」としてとらえるべきだ、
という意見を述べておられました。

なかなか「自分ゴト」にできずにいながら、
泣きわめく方をテレビで見たら「なんじゃこいつは」と、
文句をつけているだけではいかんでしょ、と。
かと言って、選挙の投票以外にどうやって、
自分の意見を政治に発信すればいいのか、
とわからずにいる方も多いのではないかと思う次第です。

たまたま、私の場合、仕事のつながりで、
前述のような関わり方で議会というものの一端に触れましたが、
これもまた、政治への関わり方の一つではないか、
と思うわけでございます。

やり方は、いろいろ。
あなたの身近ででも、仕事に関連してでも、
何かしらの方法で「自分ゴト」にすることは、
できるのではないでしょうか。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

Add to Bloglines Add to Google Reader Add to livedoor Reader Add to Hatena::RSS