2012年1月1日日曜日

【雑感】こんにちわ、2012年。

ゆでたまごのすけでございます。

年が、静かに明けました。
あけましておめでとうございます。

2012年、始まり、始まり。
さて、今年はどんな一年になるのでしょう。

予測なぞ、するつもりはありません。
予測がつかない世の中でございますから、ね。
誰が昨年の元旦、大震災を予測したでしょう。
「絆」が今年を代表する漢字になるなんて、
誰が予想したでしょうか。してませんよね。

ビジネス誌なんかは、
例によって「2012年大予測」なんて企画を、
恒例のようにやっているとは思いますが、
それが当たったかどうかの検証なんて、
誰もしていないわけでございます。

なるようになる。それでいいのではないかと。

先を見過ぎて、縮こまる。
40代あたりの世代がそんな風になっているから、
20代の若者たちは、「保守的」なんて言われるくらい、
縮こまっているわけでございます。
私たち世代が「今の若い人たちは保守的だ」「安定志向だ」
なんて言っておったりするわけでございますが、
彼らは自分たちの鏡である、 となぜに考えないのか、
と自省も含めて思ってしまう元旦なのでございます。

正月のテレビ、なかなか攻めてましたよ。
爆笑ヒットパレードとか、バラエティ系の番組、
なんか、ディレクターとかプロデューサー陣が、
これまで縮こまっていたところから、
チャレンジしている感がすごく伝わってきましたよ。

ヘリからの中継で、東名高速の上空をリポートしてる途中、
ラブホテルが視野に入ってきて、そこで宿泊してる人たちに、
「中継をご覧になってる方、手を振ってくださーい」と、
アナウンサーや出演者の方々が呼びかけたら、
バスローブ姿のカップルが白いバスタオル振って応えている、
という映像を流してましたよ。大爆笑しました。

放送事故になってしまいそうなところのスレスレのところを、
うまいことやってましたね。
こういうチャレンジ、ここんとこなかった気がします。

なるようになると、でん、と構えていられるくらい、
これまでにやってきたことに自信を持つべきではないか。
そしてこれまでやってきたことをもとに、
これまで誰もやってこなかったことにチャレンジする、
という一年にするといいんじゃないか。
ご同輩たちに、そんなメッセージを投げかけたい、
2012年の始まりだったのでございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

Add to Bloglines Add to Google Reader Add to livedoor Reader Add to Hatena::RSS