【読書ノート】ここを出ろ、そして生きろ/松原耕二


ゆでたまごのすけでございます。

久々に読んだ小説でございます。
著者の松原耕二さんという方は、
ニュース23のキャスターの方でございます。
筑紫さんの頃にはディレクターをやっていたり、
ニュースの森のキャスターをやっていたり、
というご経歴の方でございます。

ゆえにでしょうか、
舞台はコソボとかコンゴとか、
紛争地域になっておりまして、
そこをめぐるNPOの人たちや、
国連の人たちの姿が描かれていたり、
たとえば国連から物資が届いても、
その用途に応じた使い道でないと、
いちいち申請を出さないといけない、
といった無駄とも思えるルールがあるなど、
そこで展開されるジレンマのようなものが、
とてもリアルに描かれているのでございます。

骨格としては、恋愛小説なんでございます。
その恋愛を紡ぐ男女が、
それぞれ紛争地域に援助をしに訪れている人たち、
というのが新しいのでございます。

こういうリアリティのある小説というのが、
これからもっと増えてくるといいのにな、
なんて思ったりする次第でございます。
その筆者だからこそ描ける世界観、
というのがある作品というのは、
読んでいてとても好感度が高いのでございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。