【雑感】大祐's Bootcamp(笑)

ゆでたまごのすけでございます。

私はMacユーザーでございます。
いつ頃からか、Macには「Bootcamp」なる機能が付加され、
MacでもWindowsが起動する、ということになりました。
かつて、両方のOSのマシンを机に並べていたことを思うと、
とても便利な時代になったものだ、と感慨深いのでございます。

昨年、iMacを、今年、MacBookProを新調しましたので、
こちらにWindowsを入れてやろうと思い、
昨年末にWindows7を購入してきたわけでございます。

iMacにとりあえずインストールしてみたわけですが、
なんかうまく動いてくれてないなあ、
という感じがしていたのでございます。
たとえばWindowsだとマウスがうまく機能しなかったり。
たとえばWindowsだとコピペをするためのショートカットが、
command+c、command+vかと思いきや、
なぜかcontrol+c、control+vになっていたり。

なんでかなあ、と思っておったのでございますが、
今回、MacBookProにWindowsをインストールしてみて、
なるほど、とわかったのでございます。

MacBookProにWindowsをインストールしますと、
これまたなぜか、ネットにうまくつながらない、
という現象が起きておったのでございます。
iMacだと、LANケーブルをつなぐだけでつながったのに、
なぜかMacBookProだとうまくいかない、と。
なんでかなあ、と思って、いったんWindowsを削除し、
再インストールしてみたものの、やっぱりダメ。

しかしながら、インストールの道中、
「Windowsサポートソフトウェア」なるものを、
ダウンロードしておけ、という命令が現れるのでございます。
一度目のインストールの際に、ダウンロードし、
DVD-Rに焼いておいたのでございますが、
どうも一回ダウンロードしてしまうと、
再度ダウンロードしようとすると「できません!」と、
拒否られるわけでございます。
つまり、焼いておいたDVD-Rを用意せよ、
というわけでございます。

ところがですね。
その、サポートソフトウェアを焼いておいたDVD-Rを、
どこへやったのか忘れてしまっておりまして。
そういう場合はどうすりゃいいんじゃい、
とイライラしておりましたら、
ふと、机の引出しをあけましたら、ありまして。

何がって、そのどこへやったか忘れていた、
DVD-Rくんがいたわけです、引出しに。

あーよかった。あーよかった。

というわけで、Windowsのインストールを終えて、
MacBookProでWindowsを起動しまして、
そこで例のDVD-Rを入れますと、
サポートソフトウェアの「.exe」ファイルが現れるんですね。

神の啓示のようでございました。
こいつを動かしましたら、
MacでWindowsを起動した際に、
必要なソフトウェアをインストールする、
Windows用Bootcampのインストーラーが。

なるほど、この手順をやらないと、
うまくMacでWindowsが起動しないのね、と。

で、デスクトップのiMacの方でも、
その手順をやらないといけないんだな、
ということで、サポートソフトウェアのDVD-Rはどこへやった、
と探し始めましたが、それがどうにも見当たらず。
ダウンロードせずにいたんじゃないか、と思って、
再度Bootcampアシスタントなるユーティリティソフトを
立ち上げましたが、どうもダウンロードしちゃったらしく。

で、いろいろネットを検索していたら、
サポートソフトウェアのDVD-Rがなくても、
購入時にもともと入っていたOSのDVD-Rに同梱されている、
とのころで、そいつをiMacでWindowsを起動して、
OSのDVD-Rを入れましたら、確かに、
MacBookProと同じようにサポートソフトが起動しまして。

ようやっとWindowsがMacで動くようになった次第でございます。

なかなかこの辺のオペレーションをどうやっていったらいいか、
というのがネット上で紹介されていないようでしたので、
書いてみた次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。