【介護日記】(25)病状、少し回復

ゆでたまごのすけでございます。

本日も、母の入院する病院に行ってまいりました。
昨日よりは、状態が良くなってきたようでございます。

肋骨の骨折により、肺が支えられなくなって小さくなり、
本来肺があるべき場所に空洞ができ、そこに空気がたまってしまった、
それを気胸というようですが、その空気を抜くために管を入れている、
という状態でございます。
それに起因してか、痰が肺にたまってしまっていて、
肺炎も起こしかかっているということのようで、
それらをいっぺんに治すことは難しいので、
一つひとつ解決させていく、ということになるようなのでございます。

いやはや。
本当に母の病気には、いつも驚かされることばかりでございます。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!