【読書ノート】ロバート・キヨサキ+シャロン・レクター/金持ち父さん貧乏父さん



ゆでたまごのすけでございます。

今さらながらでございますが、
読了したんでございます。

ロバート・キヨサキ+
シャロン・レクター著
白根美保子訳
「金持ち父さん貧乏父さん」
でございます。

いやあ、実にわかりやすい。

簡単に言うなら、
収入を生み出す資産を買いなさい、
負債になるような買い物はしなさんな、
ということでございます。

そして、マネーゲームというと、
悪い印象を持つ人もおられるでしょうが、
ただひたすらに人を陥れて儲けるのではなく、
自分たちが将来困らないでいられるように、
あるいは働かなくてもお金に困らないように
するためには、お金を生み出すことを考えられる、
ファイナンシャル・インテリジェンスを
持てるようにしましょうよ、
という内容を切々と語っている一冊でございます。

いやあ、勉強になりました。
お金というものと、どうやってつきあうか。
そういうスタンスのようなものを、
示してくれたような感じがします。

この本の初版は、2000年。
私が購入したのは、2008年。
約1年、寝かせておきましたが、そのタイミングで読んでいても、
もしかすると今のような感想は持てなかったかもしれません。

個人的には、とてもいいタイミングで読めた感がありました。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!