【雑感】ゲゲゲの女房は結婚生活の教科書。

ゆでたまごのすけでございます。

ゲゲゲの女房、ずっと見ております。

昭和の時代が背景ですから当たり前ですが、
お見合いから5日後に結婚式とか、
よく知らない相手との結婚生活とか、
今では考えられないようなシチュエーションが、
数多く描かれておる次第です。

しかしながら。

結婚生活の教科書のようなドラマ、
という気がしてならないのでございます。

見えんけど、おる。

ドラマの冒頭で主人公の水木しげる夫人が
小さな頃、「おばば」に言われた言葉が、
このドラマの根底にあるテーマであり、
それが結婚生活に通じるもの、
というように思えてならないのでございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。