【雑感】肩書きと、上品さ。

ゆでたまごのすけでございます。

昨日はなんか、スゴい人たちの集まりに、
あたかもそれが当たり前であるかのように、参加してました。

結構有名な会社の御曹司はいるわ、
外資のでっかい会社で世界一になったスーパーセールスがいるわ、
20代半ばの女性社長はいるわと、
肩書きだけ見てると「なんかすげーな」ってところでした。

そんな場所に混ぜさせてもらっているのが、
何ともありがたい限りなわけでございまして。
けど、そんなところにいても、
私は私のまんまで、何かを狙っているわけでもなく、
みんなと楽しければそれでいーんじゃない、
ぐらいの勢いでぱくぱくむしゃむしゃ、
とお食事を楽しんできたわけでございますけども。

何て言うんですかね、上品なんですよ。
そういう肩書き持ってる人の中には、
大変下品な方々がいる場合もあると思うんですが、
そんな人は露ほどもいないんですな。
そういう場に行くとがっつく人もいるだろうし、
そういう場をそもそも忌み嫌う人もいるだろうけど、
人間がちゃんとしてる人のまわりには、
ちゃんとしてる人が集まってくるもんなんだなあ、
と改めて思う次第でございまして。

そんな中で、一番印象に残ったのは、
とってもおいしいもつ鍋屋さんで出てきた、
山盛りの宇治金時かき氷でございました(笑)。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。