【雑感】橋下讃歌。

ゆでたまごのすけでございます。

大阪市長の橋下さん、どんどん突っ走りますね。
ひと世代もふた世代も上の世代に憧れを感じていた、
くそ生意気なガキだった頃の私だったら、
やれ人権無視だ、ルール違反だ、ファシズムだ、
などと速攻で反発を感じていたかと思いますが、
40を過ぎて、おっさんになったんでしょうかね、
反発よりも、橋下さんの手法の裏にあるものは何だ、
と臆測をいろいろと巡らしながら、
その一挙手一投足を眺めておる次第でございます。

まあぶっちゃけ、かつてファシズムが世の中を席巻した時と、
動きはまるで同じようなものだろうなと思っております。
閉塞感のある空気の中で、何か起爆剤はないか、
と思いながら、自分たちで動こうとはせず、
誰かなんかやってくれ、と大衆が思っているところに、
その大衆が期待しているものをやってくれる人が現れた、
ということでしかないような気がして仕方ないのでございます。

つまり今の空気感というのは、
公務員とか組合とか、
ある種守られている存在だったり、
守る立場の組織だったり、という存在が、
まるで既得権益を守ろうとしているように見えてしまい、
守られていない位置にいる、と思っている人たち
(=働き口がない、食いぶちが確保できない、など)
が反発を感じている、だから橋下さんを支持する、
という構造になっているように感じるのでございます。

それでいて、経営者とか、雇用する側からすると、
めんどくさいルールを押しつけてくる官公庁だったり、
権利ばっかり主張しやがってちっとも働きゃしない、
と感じてしまう組合だったり、といった存在を、
こてんぱんにやっつけてくれそうな橋下さんは、
支持するに値する政治家である、と思っているのでしょう。

言ってみれば、雇用側と被雇用側(場合によっては「非」雇用側も含む)
の双方から、公務員や組合という存在を「敵」であるかのように見立て、
うまく支持を取りつけているのが橋下さんではないか、と思うのでございます。

そして、そんな支持をうまく取りつけられるのはなぜか、
というとそれはおそらく、メディアを橋下さん自身がよく知り、
なおかつそのメディアにいる人たちやその周辺の人たちを、
上手に取り込んで味方につけているからではないか、と。
小泉さんと似たところがあるなあ、とつくづく思うのでございますが、
小泉さんよりもクレバーな感じを受けるのでございます。

最終的に、どこを着地点にされているのかはわかりませんが、
少なくともこれまでは安泰だったのだから、
その安泰を壊すようなマネはやめてくれ、
だって自分たちの立場が危うくなるのは困るから、
と既存の枠組みにしがみついて離れようとしないでいる、
日本を停滞させてしまっている元凶になっていることに、
全く気づくことのできない、
世の中の変化に対応することができない人たちに、
刺激を与え続けるようにはしていただきたいものだ、
と無責任に橋下さんを応援したくなってしまう私なのでございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。