【介護日記】(6)介護サービスを聞きにいく

ゆでたまごのすけでございます。

母親の介護保険、認定がおりました。「要介護1」でございます。
「要介護1」というからには、2や3もあったりするわけでございまして、
さらには「要支援」の1、2というのもあるのでございます。
簡単に言ってしまうと、「要支援」はフルで介護サービスを受けるほど
ひどい状態ではない、という判断でございまして、
「要介護」というのはフルでサービスを受けた方がいい状態、
ということでございます。
ついでにいうと、相談窓口が「要支援」と「要介護」とでは異なりまして、
「要介護」は民間の介護支援センター、「要支援」は行政のそういう窓口、
というような感じで違いがあるようなのでございます。
(すいません、正しく表記できませんで)

そんなわけで、とりあえず民間の介護支援センターに行って参ったのでございます。
最近話題のコムスンみたいなチェーンのところではないところにしよう、
というのは正直な気持ちでございました。
まあたいがい、チェーンでやってるところってのは
マニュアルで作業させられているだろうし、
結局利益優先の企業体質だったりするところがまともな介護サービスなんて
できるわけがない、と思ってしまうからでございます。

私の自宅から歩いていけるような近いところに、
在宅介護サービスを提供している民間の拠点がございます。
なんかいわゆるそういうところなんだ、というのは外見からはわからないような、
まあ看板が出ているからそうなのかな、という感じのところでございました。
でも地元でそういう看板を掲げて、サービスを提供しているからには、
逃げも隠れもしないで責任もってやっているところなんだろうな、
というのは何となく思っていたので、飛び込みで入ってみた次第です。

そこには、社長さんがいらっしゃいました。元・寿司職人だそうです。
テイクアウトの寿司を握るお店を、同じ場所でやっていたのだとか。
まあ寿司屋というのも、厳しい商売だということもあったのでしょう。
いわゆる転業ですね。儲かる商売、という意識はあったのでしょうが、
始めてみると、どうしてどうして。奉仕の気持ちがなきゃできない、
ということを痛感したのだとおっしゃいます。

なんか、この人なら、信用できそう。そう思いました。
イヤだったら、すぐやめるでしょうしね。
それを続けてやっていらっしゃるわけですから、
きっとこの介護サービスという商売に、思いがこもっているのだろうなと。

あとは、母親がそう言うサービスを受けたいと思うかどうか、
ということなのかな、と思いました。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

イカさま さんのコメント…
せっかく来たのに更新してないのか!!

たるんでるぞ!!・・・な~んちゃって。

じゃ~ね~~~(-ё-;)/

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!