【読書ノート】ジャズのすべて



ゆでたまごのすけでございます。

ほんと久々の読書ノートでございます。

いつぞや、
稽古場のある大塚駅前で、
飛び込みで書店に入りまして、
店頭に並べられていた
「面白いほどよくわかるシリーズ」
の中からいくつか選んだ一冊が、
こちらの「ジャズのすべて」
でございました。

確かに、面白いほど、よくわかりました。
おそらく、詳しい方にとってみれば、
それだけじゃない、という意見もあったりするんでしょうが、
でも、ジャズについてあまり詳しく知らない方なら、
なるほど、そうなんだ、と思えるようなことが、
結構列記されている感じで好感度高かったですね。

それで、結局感じたこと。

マイルス・デイヴィスはすげーんだ。
これに尽きます(笑)。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

ゆぅ さんのコメント…
このシリーズ好きだねぇ(笑
私も読んでみたいよ。
「ピアノのすべて」とかないのかな?

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。