【創作ノート】お人好しぶりを証明する話。

ゆでたまごのすけでございます。

どんだけ、というくらいにお人好しの父。
そんな父は、持ち家を奪われたことがあります。

私が小学校五年の時のことでした。

家にいた私は、母親に、怖い人がくる、
と言われて、母親と私とで、
家から近い繁華街に出ていこう、
と言われたことがありました。

その時に来た怖い人というのが、
父の持ち家の所有権を奪った人。
当時は、借金の債権者ということになっていました。

父は、知り合いが葬式を出す費用がない、
と相談を受け、その人の借金の保証人となり、
その知り合いがトンズラをこいて、
その借金の方に自分の持ち家を取られた、
ということなわけでございます。

しかしながら、その後わかったのは、
実はその借金をした知り合いと、
債務者として持ち家を持っていった人とは
グルだった、ということでした。
つまり、詐欺だったわけです。

その後、東京に私たちが出てきた後、
愛知県警に別件で逮捕された知り合いと債務者の二人に、
余罪があるということで、県警の人が家に事情聴取をしにきた、
ということがございました。

どこまでもお人好し、というのを証明する事実でございます。

そして、そんな血を引いている、私。
そんな父を、つい最近まで受け止められずにおりましたが、
母の死をきっかけに、ようやく向き合えるようになってきた、
という気がしておる次第なのでございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。