【創作ノート】私もたいがい、お人好し。

ゆでたまごのすけでございます。

創作ノートと題しまして、
祖父と父のお人好しぶりを紹介してまいりました。

そんな血を引く私ですから、
当然ながら私もたいがい、お人好しなわけです。

当事者である時はそうでもないのですが、
後から振り返ってみると、ああ、お人好しだったな、
ということに気づく場面が結構あるんでございます。

そして、その根底にあるのが、

何とかしてやりたい。

という根拠のない献身的な強い思い。

そして、その思いは、
たいがいどこか間違った方向に向かっていることが多い。
本来なら、その「何とかしてやりたい」という気持ちは、
こっちに向かうべきだろ、という方向には向かわずに、
全然違う方向に向かったりしている。

ここのところ、スゴくそう思うのでございます。
そしてそれは、父の姿とダブるわけでございます。

ある種のKY。天然?そんな感じ。

具体的にどんな話があったか、
ちょっと思い出すままに次のブログで書いていこう、
と思っておる次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。