【雑感】調子がいい、とは。

ゆでたまごのすけでございます。

調子がいい、という言い方をよくしますね。

最近、それがどんな状態なのか、
というのを考えたりすることが多いのでございます。

結局、調子がいいというのは、
自分がよくしてもらえている時にはいい顔をして、
そうでなくなった時にはぷいっ、と顔を背けて、
音沙汰もなくしてしまうような人、
ということなのかなあ、と思ったりするのでございます。

こういうのを、別の言い方をすれば、
無粋、ということになるのかなあ、と。

これまで、そんな人たちにたくさん出会ってきたなあ、
と振り返って思ったりするのでございます。

というのも、最近は調子がいい、という人じゃない、
と思えるような愛すべき人たちと出会ってきたから、
調子がいいだけの人とそうでない人の判別ができるようになった、
ということなのかなあ、と思うのでございます。

かつては、そんな調子がいいだけの人たちに、
結構振り回されることが多々ありまして、
そんな人たちの面倒を見てやろう、なんて思っていたものです。
それで結構痛い目を見たことがあったにも関わらず、
学習しないでまた振り回されて、ということも多かった。

そういう人を、お人好しというんでございましょうね。
なんか、父親もそんなことをしてきた人だったですから、
血は争えないなあ、なんて思ったりしたわけでございます。

そんな父の命日は、本日でございました。

改めて、調子がいいだけではない人たちのことを、
大切にしていかねばいけないなあ、と思った次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。