【読書ノート】プレジデント誌の五木寛之氏の寄稿に思う。



ゆでたまごのすけでございます。
年末に買い込んだ経済誌を、
今頃になってまだ読んでいる
わけでございまして、
おそらく新春号はこの月曜日、
発売されているのだろうなあ、
と思いつつ、まあいいか、
と開き直り気味に読み漁って
おる次第でございます。

こちらのプレジデント誌に、
五木寛之氏が寄稿されておられまして。

エコとか、メタボとか、タスポとか、
ゆるい言葉で表現されているけど、
これ、全て規制を受けているんだという
ことに気づいている人はどれだけいるのだろうか。

みたいなことが書かれておりまして。

さすが、視点がステキ♪

などと思っておった次第でございますが。

お上の名の下に規制が広げられていくと、
それに乗っかって、私はお上の代弁者です、
と大手を振って歩く無粋な者たちも
増えていくわけでございまして。

自由を謳歌できている今の時代は
とても幸せなのだということを、
当たり前だと感じている人たちは、
いつの間にかそういう輩どもに

これはやっちゃダメ。
あれもやっちゃダメ。

などとエラそうな態度を取られるわけでございまして。

私は、そういう輩がほんとにムカつく。

きっと、これからの時代、
そんな輩が増えていくのかと思うと、
陰鬱な気分になるかと思えば意外とそうでもなく。
そういう輩の鼻を明かしてやる楽しみが増えるなあ、
などとほくそ笑んでいる今日この頃でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ランキング参加中♪クリックお願いします ↑

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!