2013年1月1日火曜日

【雑感】あけまして、2013年。

ゆでたまごのすけでございます。

あけましておめでとうございます。
本年も変わらず、お引き立て下さいますよう、
お願い申し上げます。

と言いつつ、
今年はちょっと今までとは違ったことをしよう、
と思いまして、その手始めに、
これまであまり積極的に行ったことのない、
人出のあるような場所への初詣、
というのを試みた次第でございます。

まいりましたのは、浅草。浅草寺でございます。
かつて、小学校の頃だったか、中学の頃だったか、
家族で初詣に行って、やはり長時間並んで、
お賽銭を投げるところに近くなった時、
お参りしている人の流れが川の流れのように、
とてつもない早さで動いていた、
という記憶があったのでございます。
その記憶は確かだったのかどうか、
確かめようと思って選んだ場所でございます。

ご覧の通り、人、人、人。
前だったら、はよしてくれや、と、
すぐにイライラしていたであろう私ですが、
今回はわりとこの並んでいる状況を楽しみながら、
参拝に臨んだわけでございます。













ようやっと雷門をくぐりまして、
仲見世通りにさしかかったところの写真でございますが、
これまた人、人、人。
通り沿いにいろんなお店が並んでいるのですが、
その店に入ろうとすると列から置いていかれる、
という恐怖感にかられ、なかなか店の方まで、
足を踏み入れることができずにおりまして。












それでも、中には列を外れてお店の方に行く方もおり。
写真のあげまんじゅう屋さんは、列の左側にあったのですが、
一番右側にいた方が私を押しのけながら、
そんなにあげまんじゅうが食べたいのか、
と突っ込みたくなるくらいの勢いでお店に向かわれて。
人の列の中に人垣ができる感じになっていたのもあり、
人間というのは、誰かが群がっていると、
ついついのぞき込んでしまいたくなる習性の生き物なんだ、
と改めて思わされた次第でございまして。












そんなこんなで、ようやく正門に近づいてまいりました。
左手に見える五重塔が美しいなあ、と思いながら、
やはり通り沿いのお店には近づくことすらできず。












そしてやっとの思いで本堂に近づくことができ、
さあいよいよ参拝だ、と思っておったのでございますが、
実はここからがまた長いのでございます。












警察の方が誘導して下さっているのですが、
こんなプラカードまで持っておられる警官の方がおられまして。
警察の仕事というのも、ほんといろいろだなあ、
などと感慨に耽りながら誘導の様子を眺めておりました。












煙をかけるところは、列の右側にあったのですが、
これもまた近づくことをはばかられ(笑)。
おみくじ売場も左右両側にあったのでございますが、
わざわざ列を横切ってまでおみくじ引きたいか、
と思うと別にそこまでは引きたくはないなあ、
と思ったので、結局はひたすら列を進むことにしまして。












いよいよ参拝だ、という段になりまして、
参拝所までの階段をみなさん登るのですが、
登る途中でみなさん、振り返って写真を撮っておられるんですね。
人の列のすごさを記録したいと思うのでしょうが、
警察の方が「立ち止まると危ないですから、
写真の撮影はご遠慮下さい」とアナウンスされており、
まったくもう、みんなちゃんとしなよ、
と思いながら並んでおったのでございますが。












なんだかんだで撮っちゃいました(苦笑)。
いやあ、スゴいですね、この人の列。
改めて見ると、よくもまあ根気よく並んだなあ、
と思ってしまったのでございます。













参拝の後は、縁日のように並ぶ屋台の中で、
焼きそばとビールを一本飲ませてもらいまして。
このまままっすぐ帰るのはちょっともったいないな、
と思いまして、浅草の街を目的もなくブラブラとし、
晩ごはんもとんかつ屋さんでいただいたり、
浅草演芸ホールで落語を聞いてみたり。
ちょっと今までにはないお正月の過ごし方を、
してみた次第でございます。

今年は、いろいろと今までやってなかったようなこと、
チャレンジしてみようかな、と思えたお正月でございました。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

Add to Bloglines Add to Google Reader Add to livedoor Reader Add to Hatena::RSS