2013年1月30日水曜日

【映画レビュー】セイジ〜陸の魚

ゆでたまごのすけでございます。

伊勢谷友介監督「セイジ〜陸の魚」を観ました。

伊勢谷さん、山本寛斎さんと兄弟なんですよね。
異母か異父か忘れましたが。
TBSでしたか、「アシタスイッチ」という番組で、
初共演をされておられまして、
寛斎さんが伊勢谷さんの映画作品を観たようで、
「もっと挑戦していいんじゃないか」とか、
そんな意見を伊勢谷さんにされていたのを、
記憶しておるわけでございます。

そんな先入観があってか、
見終わった時の正直な感想は、
寛斎さんのご意見に一票、という感じでした。
たぶん、私たち世代(現在40歳前後)の、
20代だった90年代初頭くらいの時代に、
自分探しをしていた男(森山未來)が訪れた、
町外れのパブを舞台にした作品で、
そこに集まる世の中のメインストリームから
ちょっと外れた人たちが繰り広げるドラマで、
その主軸になっているのがセイジ(西島秀俊)
という謎に包まれた男という作品ですが、
なーんかすごく内向きな感じしか受けない、
というのが正直な印象だったんでございます。

ガキの頃なら、こういう作品を観ると、
必死に深読みしていろいろ意味合いを考える、
なんてことをしたように思いますが、
ええ年をこきますとそこまで深読みしなくなり、
もうちっとわかりやすい展開にしてくれや、
と思ってしまうわけでございます。
おっさんになると、寅さんのようなわかりやすさが、
やっぱりほしいと思ってしまうのでしょうか。

出演する作品を厳選し、
「連続ドラマは演出家が変わるから、
一貫したコンセプトがない」と、
連続ドラマには基本、出演しない、
というこだわりのある伊勢谷さんなら、
きっともっと一般の人にもわかりやすく、
それでいて深みのある作品がつくれるのでは、
と思うのでございますが、いかがでしょう。
そのあたりを、寛斎さんもおっしゃっていたのかなあ、
なんて勝手に共感しておる次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

Add to Bloglines Add to Google Reader Add to livedoor Reader Add to Hatena::RSS