【介護日記】(12)生命力の強さ

ゆでたまごのすけでございます。

母の入院理由については、
先ほど「携帯より」でお伝えした通りです。

本当に、ほっとしました。
正直、今回ばかりは覚悟を決めていたのも事実です。

なぜなら入院時、胃癌の可能性が高い、と医者に言われたから。
土曜に緊急入院したこともあり、
土日では病院も細かい検査ができる状態ではないのと、
それに母の容態が胃からの大量の出血が見られるために
造影剤投与による検査も危険、という状態だったため、
胃カメラによる検査が今日、月曜になってしまったのです。

ゆえに医者の先生は、はっきりと断言はできないけれども、
「急激にやせてきた」「口臭がする」「下血している」
という症状から、胃癌の可能性が高い、と言っていたのです。

しかし。

いざ胃カメラによる検査を、今日、してみたところ、
胃癌はなく、潰瘍ができている状態だった、と判明したのでございます。
それを早く報告しようと、担当の先生が私の携帯に電話をしてきた、
というのが先ほどの「携帯より」を投稿した直前だった、
というわけでございます。

母の生命力の強さには、本当に驚かされます。

今日、先ほど病院へ見舞ってきたのでございますが、
昨日はうわごとのようなことをしゃべっているような状態だったのが、
今日は自力で体を起こして、テレビを見たりできるまでに回復しておりまして。
明日からは流動食を食べられるということでしたので、
いやはや、ひと安心というところでございます。

しばらくは、この介護日記というタイトルで書くことが増えるような気がします。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!