ぎっくり腰をその日に直すスーパー整体師・指圧センターTの先生



ゆでたまごのすけでございます。
石川・富山の方で被害が大きくなっている
地震があったようでございますが、
私、一昨年あたりにはやたらにそちらの方へ
足を運んでおりましたゆえに、
そちらにおられる方の安否が気がかりです。

北陸方面の仕事を始めた頃というのは、
今からかれこれ5、6年ぐらい前でしょうか。
当時、私は仕事の拠点を埼玉は大宮に置いておりました。
その頃、突如としてみまわれた病がございました。
「ぎっくり腰」でございます。

なった方はわかると思いますが、
ぎっくり腰というのは、何の予兆もなく突然やってきます。
私の場合は、何とはなしに床に落ちたものを拾おう、
とした瞬間にやってきました。

ぐきっ。

ほんとに、そういう感じなんでございます。
そして、これが何をしても痛い状態になってしまう。
立ち上がろうとしても、座ろうとしても、
いちいちぐきっ、と痛みが走る、という。
初めてぎっくり腰になったのは、忘れもしない金曜の夜でした。
自宅に帰り、横になろうとしても、痛い。
体を起こしても、痛い。にっちもさっちもいきません。

土曜の朝、起きてさっそく、自宅そばの最寄り駅付近にある、
整体の先生のところへ行きました。
決して、それまで通っていたとか、そういうわけではありません。
ただ、仕事の行き帰りに「ああ、整体があるんだ」と、
目にしていただけのことでございます。
それを覚えておりましたので、何はともあれ行ってみようと。
そのTという整体院に、飛び込みでまいりました。

先生が、これがまたコワモテなのでございます。
私のでかい容姿を見て、一言。

でかいなあ。疲れるんだよ、そんなでかい体だと。

と、毒を吐きまくり。ふだんだったら、このやろう、とか
思うところなのですが、何しろこちらは腰が痛い。
とにかく何とかしてほしい一心で、

そんなこと言わずに、お願いしますよ。

と懇願したわけでございます。
先生、私を横にして、腰をほぐしながら、
全身をマッサージしてくれるわけでございます。
足を膝から曲げて、太ももの外側にふくらはぎが行くようにして、

ごきっ。

体を横にして、上になっている方の肩を背中側に、
腰を腹の方に向けてせーの、で押すようにして、

ばきっ。

こう書くと、何だかすっごい痛そうな感じがいたしますが、
これ、音にはほんと、びっくりするんですが、
痛いことはちっともないんでございます。

首も、力を抜いて、と言われながらぐるぐるされて、
予想もつかぬタイミングから、

ぼきっ。

とまあ、こんな具合に体中の骨を鳴らされた感じでしたのです。
そんな施術をされながら、先生がおっしゃっておりました。

整体ってな、たいがいのヤツは7割方しか直さねえんだよ。
直しちゃったら、通ってもらえなくなっちゃうからよ。
でもな、俺、直しちゃうんだよ。だから儲かんねえんだよ。

いやはや、確かにその通りでございました。
整体を施されてから、それまでの痛みがウソのように和らぎ、
その日の夕方にはすっかり何ともなくなっていたのでございます。
それ以来、約一年、再発することがございませんでした。
なるほど、確かに通わないわ。儲からないかも、と。

でもその先生のもとへは、かつて通っていた患者さんが、
転勤で長崎に引っ越すことになったらしいのですが、
その方が今でも通ってこられる、とのこと。
そりゃそうだ、確実に直してくれるんだもんね、と、
思わずにはいられませんでした。

そんなスーパー整体師の先生へ、伝えたい。
心から「ありがとう」と。

人気blogランキングへ ← ワンクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← こちらもぜひ。

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。