【私の音楽ライブラリー】マンボ天国/東京パノラママンボボーイズ



ゆでたまごのすけでございます。

私の音楽ライブラリー、
さらに継続して更新します。

今回は、
東京パノラママンボボーイズ
マンボ天国」でございます。

かつて、私がDAKARAの糖分を
やっておられるA氏と一緒に、
劇団をやっている頃にはよく
「こういうのいいね!」と、
聞いていたCDでございます。

1. マンボ・ボンド
2. マンボのビート
3. スピーク・アップ・マンボ
4. マンボ・マニア
5. ワン・レイニーナイト・イン東京
6. グリーン・オニオン
7. ヒット・ザ・ボンゴ
8. チャ・チャ・チック
9. パチンコ
10. 赤坂の夜は更けて
11. ピーター・ガン
12. ザ・グース
13. 夏の夜のサンバ
14. コーヒー・ルンバ
15. マンボ・メドレー:マンボ~エル・マンボ~マンボ第8番~南京豆売り~セレソ・ローサ~ティコ・ティコ
16. コセ・コセ・コセ
17. 大学マンボ
18. パトリシア
19. ネグラ・ミ・チャチャチャ
20. タブー

要するに、昭和なんでございます。
キャバレーなんでございます。
ビッグバンドオーケストラなんでございます。
語弊があるかもしれませんが、
ムード歌謡の世界なんでございます。

この懐かしくも、そして今聴いても決してあせない、
音の感覚が心地いいんでございます。

いや、普通に聴けば、古いんでございますが、
それでいいでしょ、別に、
という開き直りと申しますか、
覚悟のようなものを聴きながら感じるのでございます。

これがわしらは好きなんじゃ、
なんぞ文句あるか、というところまで、
到達している感のあるアーティストのサウンドは、
何とも聴いてて潔く、すっきりするのでございます。

マンボとか、アルタネイティブとか、
そういうジャンルがお好きな方には、
お勧めの一枚でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。