【近松賞にチャレンジ】元禄光琳模様、読了。



ゆでたまごのすけでございます。

近松賞受賞作、第二回の受賞作を
読了いたしました。

保戸田時子作「元禄光琳模様」
でございます。

いやあ、ドキドキしながら
読ませていただきましたね。
いい作品でございます。

確かに、受賞作、
という印象でございました。

タイトル通り、
尾形光琳を題材にした作品でございますが、
彼が生きた元禄という時代を、
バブル経済がはじけた現代と重ね合わせ、
光琳がつくり出す芸術と、
その名声に乗っかる経済人たちが、
時代に狂喜乱舞しつつ、翻弄されつつ、
という姿を描き出しておられます。

個人的には、とっても好きな作品だなあ、
という感想を持ちました。

さてさて、近松賞へのチャレンジですが、
どうも今回の作品提出にはほど遠いようでございます。

思い立ったのは二カ月ほど前でございますが、
それだけでは準備期間が短かったようでございます。

近松賞は隔年開催ということですので、
二年あれば、もっときちんと作品をつくれるかな、
と思いますので、残念ですが今回提出は、
諦めようと思っております。

ただ、二年後の提出は必ず達成したいので、
このブログでも継続してチャレンジをお知らせしよう、
と思っております。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。