【雑感】嫌われたくない?ピーターパン?

ゆでたまごのすけでございます。

人から借りた本で加藤諦三氏の著書、
「だれにでも『いい顔』をしてしまう人」
という本を読んでいます。

嫌われたくない症候群、という呼称で、
人から嫌われないようにするために、
自分を押さえつけて、いやなことでもいやと言わず、
人に合わせてしまう人のことを解説しています。

それに似た人として、ピーターパン症候群のことも、
取り上げておられます。
おしなべて、そういう人たちというのは、
愛情を受けずに、あるいは歪んだ愛情を受けて、
育ってきた人たちである、という話です。

いやあ、当てはまってるなあ、と。
いや、私自身に、という話でございますが。

そういう人って自分がなくなってしまうそうです。
自己実現ができなかった自分に対する罪の意識も、
持っていることがあるんだとか。

やっぱり、いかんのですよ。自分をごまかしては。

いやなもんは、いや。
いいもんは、いい。
ちゃんと、自分の基準を持って、言わないと。
その基準が、世間の基準と比して、
どんなポジショニングにいるかも認識しながら。

そんなことを考えさせられながら、
読み進めておる一冊でございます。

おそらく。

私に限らず、世の多くの人たちが、
読んでみると「当てはまるわぁ」と、
思ってしまうのではないだろうか、
などと考えながら。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!