【読書ノート】夜明けの街で/東野圭吾


ゆでたまごのすけでございます。

初・東野圭吾さんでございます。
今さらでございますが(笑)。
とある人から、
「これ、面白いよ」と言われ、
借りてからずいぶんと間がたち、
ようやっと読了、
という感じになった次第でございます。

要するに、不倫の話でございます。
そして、それがミステリー出身の東野さんらしく、
事件と絡めたストーリーに仕立ててある。
おそらくは、東野さんとしては、
実験がしたかったということと、
サザンの「Love Affair〜秘密のデート」を
モチーフにした作品が書きたかったのだろう、
ということで、できた作品なのだろうな、
と考えながら読み進めていった次第でございます。

貸してくれたのは女性だったのですが、
男性からの視点で言うと、
いやはや、よくわかりますわ、
という感じの心理描写があちこちにあり。
それと同時に、
情景の描写がなるほど、お上手なのね、
と関心するところが多々あったのでございます。
ずいぶんと、上から目線でございますが(苦笑)。

まるで、ドラマを見ているかのよう、
という感じの匂いのする作家さんだなあ、
というのが率直な感想でございます。
映像が思い浮かぶというか、
奥深いところを読み込もうとするよりも、
その頭に浮かぶ映像の流れのままに、
あっという間に読み進められるのでございます。

ただ、個人的には、
テクニカルな部分ばかりが目に止まり、
その作品世界へ没入する、
というような感じにはなれないなあと。
そういう読み方をしなければいいのでございましょうが、
きっと今の読者になる方々というのは、
そこまで没入している時間もヒマもない、
ということでヒットするのかもしれないな、
などと臆測をしておった次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。