【雑感】手書きの号外。

ゆでたまごのすけでございます。

たまりにたまった新聞を、
一気に読んでおりましたら、
気になる記事が一つ、ありました。

被災した地方新聞が、
手書きの新聞を発行し続けている、という記事。
正確な情報を、必要なところに届けたい、
という一心で発行している、とのこと。

新聞というメディアは、
購読料という収益を得ての運営が基本でした。
しかし、現在は広告収入の方が高い収益を上げていて、
広告のビジネスモデルが崩壊するとともに、
その経営を圧迫し続けている状態にある、
なんて話はすでにあちこちで聞かれる次第でございます。

そういう意味では、その被災地の地方新聞は、
新聞本来の持つ目的を全うしているように感じます。

震災はもしかすると、
多くのものが本質に気づくべききっかけを
与えてくれることになるのかもしれませんね。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!