【雑感】生きなさい。

ゆでたまごのすけでございます。

震災があってから、
改めて生きている意味を考えさせられます。

ずっと、いい子でいようとし続けてきた気がします。
家族、特に母親に対しては、そんな思いが強かった。

だけど、いい子になろうとしている方向は、
実は本当は自分がそう望んでいる方向ではなく、
だいたい途中で「やっぱり無理!」と投げ出してしまう、
ということを繰り返してきた気がします。

そんな風になってしまう自分が、
イヤでイヤで仕方なかった。
だけど、そうなってしまう。葛藤を続けていました。

いい子じゃない自分に、嫌気が指す。
好きになれない。許せない。

そして自分が望む方向ではないのに、
いい子でいる方向を選んでいるのに、
それをほめてもくれない、評価もしてくれない、
母親をはじめとする家族が許せない。
そんな気持ちにつながっていったことも、
と今になってみればわかります。

でも、震災があっても、私は生きている。
それはつまり、いい子じゃなくても生きていていい、
ということなのではないか、と。

生きなさい。生きていなさい。
あなたには、何らかの使命があるのだから。
そう言われているように、感じられたのです。

できない自分を許せないと思うのではなく、
できない自分でいいじゃないか、と許してやる。
そして、できることをやればいい。
自分が本当に望むことを、やればいい。
そう思ったら、心がずいぶんと楽になりました。

不謹慎かもしれませんが、
震災が私の心持ちを楽にさせてくれた、
と言っても過言ではないかもしれません。

今、震災を経て、生きている方々の多くは、
残された者の悲しみを味わっていることでしょう。
しかし同時に、生き残った意味が必ずあると、
信じて生きていってもらいたい、と祈らずにはいられません。

なすべきことが、ある。
だから、生きて下さい。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!