【雑感】プロに徹するとは。

ゆでたまごのすけでございます。

前に看護師の知り合いで、がん病棟で働く人がおりまして。
まだ看護師になって2年目でしたでしょうか。

毎日のように人が亡くなっていく病棟なわけでございます。
確かに、精神的にしんどい病棟でございましょうね。

そんな病棟で働いていて、
自分の無力感を日々感じる、とおっしゃっておりました。
自分を癒すために、「おくりびと」を見た、
ともおっしゃっておりました。

そんな話を聞きながら、
どこか私は首を傾げてしまいました。

「おくりびと」に描かれているのは、
死者を送り出すことを生業とするプロが、
プロの仕事に徹する姿でございます。

この方は、看護師としてプロなわけです。
プロの仕事を描いた作品を見ながら、
自分を癒すというのはプロじゃないだろう、
と思ってしまうのでございます。

その方が感じている無力感というのは、
実際は大してできもしないのに、
自分にはもっとできるはずという思い上がりがあるから、
無力感が生まれるのであって、
もっと自分のできなさ加減を認識した上での
無力感であれば、自分が今できるプロとしての仕事に
徹するのではないか、と思うのでございます。

自分から逃げるのはやめなさい。

その方には、少し厳しい物言いではありましたが、
そんな言い方をして、私の感じたことを伝えました。

プロに徹し続けねば、と思う自分への戒めの思いも含めながら。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!