【雑感】1月31日の一日。

ゆでたまごのすけでございます。

いやあ、日付もあけて、昼を過ぎてしまいました。

壮絶な1月最終日、という感じでございました。

いやいや、営業会社の締め日だから、
ということではございません。
特に1月最終日だから、というわけではなく、
ただただ、仲のいい会社役員との飲み会が、
深夜まで及んだ、という話でございます。

午前中はのんびり過ごしまして、
午後からは六本木の方へ取材に出かけまして。

都心部で不動産事業をやっておられる
会社さんの取材でございましたが、
新しい知識や業界の現状などもうかがえまして、
なかなか勉強になった取材でございまして。

代理店の営業担当の方は24歳と若く、
いろいろと考えながら仕事に取り組まれておられるようで、
私もつたないアドバイスなどをさせていただいたりもして。

取材を終えて帰りがけ、
営業担当の方とお茶を一杯しておりましたら、
前述の会社役員の方から連絡が入りまして。

六本木にいるなら、都心部で飲みましょう。

と、そんな具合の流れになりまして、
一路新橋の方まで向かいましてですね。

新橋のそじ坊というところで、
いたく安い飲み会をさせていただき。
何しろ、ビールが1杯200円。
時間限定のサービスのようでございますが、
おかげで結構飲んだな、と思ったのに、
2人合わせて4000円ちょっと、みたいな。

会社役員の彼はゲームセンターがやってるカジノがお好きで、
新橋から有楽町に電車で移動しまして、
数寄屋橋交差点からほど近いところにあります、
カジノゲームの店まで行きまして。
ルーレットをいつもやるんですが、
だいたい私が負けて、彼が勝つというのがいつものパターン。
しかし昨日は彼の調子が悪く、あっという間に二人してオケラに。

それで終わりかなあ、と思いきや、
彼が私に紹介したいという社長さんがおられる、
ということでして、その社長さんの地元である、
武蔵小山まで足を運ぶことになりまして。

都営地下鉄三田線で一本なんですけどもね。
何だかどうしてそんなところまで足を運ぶんだろう、
と疑問に思いつつ、それでも彼の好意を無にはできない、
と思っておつきあいを続けましてですね。

いやあ、その社長さん、とってもすばらしい人格者で。
とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。
プライベートな話から、仕事の話から、
なんとその社長さん、劇団運営にも関わっている、
という話で、そのあたりでもすごく共感できるところがあり。

武蔵小山で飲んでいたのですが、
さらにもう一軒、ということに相成りまして、
今度は五反田まで足を運んでみたりして。

最後の締めは、ラーメンをいただきまして。
いやはや、月曜から激しい移動距離とお酒の量。
しかしながら、こういう時間はとても大事だ、
と改めて思った次第でございます。

そんなこんなで、気がつけば翌日の昼。
さて、今日は何から片づけますかね。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】とりあえず生きてます。

【雑感】水虫には土槿皮酊(ムクゲチンキ)!