【雑感】武野武治さんの言葉の強さ。

ゆでたまごのすけでございます。

大河ドラマの「江」に続いて、
NHKスペシャルを見てしまいました。

日本人は、なぜ戦争へと向かったのか。
メディアが及ぼした影響について、
今までは出されていなかったという
証言などを交えながら、検証していく内容でした。

その中で、ジャーナリストの武野武治さんという方が登場。
もう90歳を超えられた方でして、
戦争中は朝日新聞の記者をやっておられて、
終戦後、メディアの責任を感じて退職。
個人でジャーナリストをされてきた方とのこと。

その武野さんがおっしゃっていたのは、

戦争は絶対に起こさせたらダメ。
起こさせないためには、世界のありとあらゆるところで、
今起きている事実を伝えることが必要なのだ。

と、わかりやすい言葉で語っておられました。

広告をつくる仕事をしていながら、
どこかジャーナリスティックな視点を持つ私としては、
ものすごく強く心に響いた言葉でございます。
特に、そんな経歴を持っておられて、
現在も90歳を超えてご存命であられる方の言葉であればこそ、
というところなのだろうな、と思う次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。