【映画レビュー】鴨川ホルモー

ゆでたまごのすけでございます。

万城目学さんの小説を映画化した作品でございます。

陰陽師をベースにしているというのは、
見終わった後にウィキペディアを見て、知りました(苦笑)。

京都の4つの大学に共通するサークルで、
目に見えない「オニ」を闘わせる
「ホルモー」という競技に心血注ぐことに
なってしまった大学生たちの物語でございます。

世界観の構築が、スゴいなあ、と思うわけでございます。
小説を読んでおりませんが、とにかくあり得ないものを、
あり得るように描き切るということをしているのは、
何ともスゴいなあ、と。

そして、それを映画としてビジュアル化させているのも面白く。
オニはCGで表現されているわけでございますが、
演じている人たちは「何じゃこりゃ」と思いながら
撮影に臨んでいたのではないだろうか、と考えると、
なんだか吹き出してしまうわけなのでございます。

そんな不思議な世界の中で、
大学生の男女2人ずつの恋愛関係が絡んだりして、
それによって「ホルモー」という競技が盛り上がる、
という仕掛けも、単に若者の恋愛を描くというだけでは
ここまで引きつけられないだろう、
という仕上がり具合になっているわけでございます。

なるほどね、こういうアプローチもありか、
と思わせてくれる、興味深い作品でございました。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

ゆぅ さんの投稿…
鴨…ホルモン…
よだれじゅるーーー(違

その映画って、今上映中の?
ゆでたまごのすけさんのレビュー読んで、ちょっと興味が湧きました。
ゆぅ さんのコメント…
あああ、DVDのレビューだったんだね><;
前の記事読んでなかったよ~
ごめんごめん。
ゆでたまごのすけ さんの投稿…
>ゆぅさんへ
あはは、早とちりだったみたいですね(笑)。
ホルモーはホルモンではない、
と作者の万城目学さんは作品の上梓後、
ことあるごとに主張していたそうですよ(苦笑)。

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。