【旅の思ひ出】小田原城主五代祭りに遭遇。



ゆでたまごのすけでございます。

温泉につかったあとは、
箱根を後にしまして、
小田原までやって来た
次第でございます。

嫁の目論みとしては、
小田原城を見て、
近くのそばを食べ、
土産物を買って帰る、
ということだったようで
ございますが、
ちょっとしたハプニング、
が起きたわけでございます。



おっと、
見えそうで見えない、
だからハプニング、
というわけでは
ございません(笑)。

これ、小田原城五代祭りの
パレードなのでございます。

前日、箱根ロープウェイで
そういう祭りがあるということは、
ポスターを見て
知ってはいたのでございますが、
日程まで確認はしておらず、
こうして遭遇するとは思っても
いなかったのでございます。



どうやら、北条早雲から、
五代にわたる小田原城城主に
扮した人たちがパレードで
やってくる、というのは、
何となく雰囲気でわかりました。

嫁はどうしてもそれが見たい、
ということで、しばらく、
この小田原駅前の交差点で
待ち構えることになったので
ございます。

ちなみにこちらは、
自衛隊の音楽隊でございます。

ずらずらと、小学校や中学校の鼓笛隊や、
バトンチームなどがやってきて、
いつになったら五代城主がやってくるの?
という感じでございました。



そうやって30分ほども
待ったでしょうか。

勝どきの声が聞こえてきて、
鉄砲隊が空砲を空に
ばーん、ばーん、と
高らかに鳴らす一団が
やってまいりました。

まるで弁士のような女性を
乗せた車が先導しながら、
どうやらこれからが本番、
五代城主のおなぁりぃ、
ということのようでございます。



と思いましたら、
まだまだ先が長い
ようなのでございます。

ちびっこたちが
武士に扮して行列をなし、
やってくる、というのが
しばらく続くのでございます。

えー、いつになったら
城主がくるんでしょうかぁ。



ついには、
手づくり甲冑の会、
なんていう一団まで
やってきました。

手づくりで、
自分たちでヨロイを
つくっちゃうんだ!
という驚きが、
正直ありました♪



そして、
ようやくやってきました、
待ちに待った、五代城主!

先頭を切ってやってきたのは、
初代、北条早雲でございます。

その一団は、
やはり初代だけあって、
大勢になっておるのでございます。

そして馬も、白馬なのでございます。



続きまして、
二代・氏綱でございます。

早雲は知っておりましたが、
二代目以降はよくわかりません、
正直なところ(笑)。

少し調べてみましたところ、
どうやら結構激しく、
いろいろと合戦を試みた人物、
のようでございます。



そして三代目・氏康でございます。

こちらも、三代目なんだなあ、
ぐらいの知識しかございません(汗)。

今川義元と戦いながら和睦したり、
武田氏とともに三国同盟をしたり、
わりと策略家だったのかなあ、
と調べてみて思いました。



こちらは四代・氏政でございます。

若い子が役を担っており、
嫁は「かわいい」と
言っておりました(笑)。

豊臣秀吉にやられた、
という人物でございます。
そんな言い方をすると、
ファンの人に怒られそうですが(汗)。



そして最後、
五代目・氏直でございます。

こちらもまた、
秀吉にやられたようで
ございますが、
自身が切腹をするので
部下を助けてくれ、
と申し出たところ、
秀吉からは助命された、
ということらしいです。

いやはや、五代全てを見るまでに、
パレードを見始めてから約1時間。

ずっと立って見ていましたら、
ちょっと腰や足が痛くなりましたが、
なかなか見られないものを見させてもらい、
ちょっと得した気分になった次第でございます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

【雑感】成果が出せる営業職は「幸せ」を願う。

【雑感】個人事業主と会社員の違いを、改めて考える。